ゼロから生まれるインスピレーションを素早くカタチにできるワークステーション型のシンセサイザー登場

@Press / 2014年1月23日 15時0分

ミュージック・ワークステーション『FA-06』『FA-08』
ローランド株式会社(社長:三木 純一 http://www.roland.co.jp/ 資本金:92億74百万円)は、当社最高峰の音源、ダイナミックに音色を変化させるエフェクト、曲のイメージをすばやくレコーディングできるシーケンサー、オーディオ素材を自在に操るサンプラーなどを備え、音楽制作におけるユーザビリティを格段に高めたシンセサイザー『FA-06』『FA-08』の2機種を、2014年2月15日(土)から発売します。

http://www.atpress.ne.jp/releases/42579/img_42579_1.jpg
上:『FA-06』(61鍵)
下:『FA-08』(88鍵 ピアノタッチ)


『FA-06』『FA-08』は、音楽制作に必要な、シンセサイザー音源、レコーディング・システム(シーケンサー)、サンプラー、エフェクトなどを一台に凝縮した、ワークステーション型のシンセサイザーです。これまでの曲づくりのワークフローをゼロベースで見直し、音楽制作のユーザビリティを大幅に向上させました。曲のアイディアを思いついた瞬間にどの状態からでも録音できるほか、ボーカルやギターなど、あらかじめ録音したオーディオ素材を活用しながらスピーディに楽曲制作を行えます。また、パソコンを使った音楽制作では、本体で作った曲のアイディアをパソコンに素早く移行できる機能も搭載。さらに、即戦力となる最新のサウンドも専用サイトから無償でダウンロードできるので、音色拡張も自由に行えます。イメージを途切れさせることなく、ゼロから生まれるインスピレーションを素早くカタチにして、曲づくりに活かすことができるシンセサイザーです。


◎特長◎
●音源、シーケンサー、サンプラー、エフェクトなどを一台に凝縮した音楽制作用のシンセサイザー
●プロ・ミュージシャンから絶大な評価を受ける当社フラッグシップ・モデルのシンセサイザー音源を搭載
●ダイナミックな音色効果や楽曲の仕上げに活用できる強力な「エフェクト」、オーディオ・データを自在に操る「サンプラー」、ノンストップで作曲が可能な「シーケンサー」を搭載
●パソコン用音楽制作ソフトの音源/コントローラー/オーディオ・インターフェースとして連携する機能を搭載

品名/品番          :ミュージック・ワークステーション
                『FA-06』『FA-08』
価格             :オープン価格
発売日            :2014年2月15日
初年度販売台数(国内・海外 計):計12,000台

@Press

トピックスRSS

ランキング