Microsoft Windows標準のリモートデスクトップを利用したシンクライアントパッケージ製品「RemoteMyDesktopGateway」の提供開始

@Press / 2014年1月24日 10時0分

 株式会社日立ソリューションズ東日本(本社:宮城県仙台市、取締役社長:森 悦郎/以下、日立ソリューションズ東日本)は、Microsoft Windows標準のリモートデスクトップを使用することで、シンクライアントの導入コスト、運用コスト削減を実現する、シンクライアントパッケージ製品「RemoteMyDesktopGateway」の提供を開始しました。

 近年のワークスタイルの多様化やスマートフォンやタブレットなどの急速な普及に伴い、デスクトップ仮想化やシンクライアントは多くの企業で導入が進んでいます。一方、サーバー側のリソースの増強や既存のPCの置き換えなどの理由から導入コストが増大になり、導入を見送る企業も少なくありません。

 「RemoteMyDesktopGateway」は、Windows標準のリモートデスクトッププロトコルであるRDPを使用しており、シンクライアント化のためのソフトウェアが不要です。仮想PC、ターミナルサービス、物理PCを柔軟に組み合わせた構成が可能であり、導入コスト、およびサポートサービスなどの運用コストが削減できます。また、シンクライアントは、業務遂行の根底を支えるシステムのため、システムに障害が発生すると、業務がストップしてしまう可能性がありますが、「RemoteMyDesktopGateway」は、システム障害が発生した場合も、クライアントから直接デスクトップ環境にリモート接続することが可能であるため、即座に業務を再開することが出来ます。

 「RemoteMyDesktopGateway」は、まずは東日本地域のお客様向けに販売を開始し、今後は、販売パートナー拡充、体制整備などの上、全国へ展開するとともに、お客様のニーズに合わせた機能の改善、ユーザビリティ・アクセシビリティの向上を図ってまいります。
なお、販売計画としましては、2020年度までに10億円の売上を目指します。


■「RemoteMyDesktopGateway」の特長
1.サーバー環境に仮想PC・ターミナルサービス・物理PCを組み合わせたハイブリッドな運用が可能
 サーバー環境として、仮想PC・ターミナルサービス・物理PCを柔軟に組合せた構成でシンクライアント環境を構築することができるため、既存資産を最大限に有効活用しながら段階的な移行が可能です。また、サーバーの増設や構成変更、ユーザーの権限に応じたアクセス管理も容易に実現可能です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング