アンシス・ジャパン、バッテリーの設計、研究開発者向け 熱流体解析ソフトウェアANSYS Fluentバッテリーモデリングセミナーを東京・大阪・名古屋にて無料で開催

@Press / 2014年1月27日 9時30分

セルレベル(ジュール熱)
アンシス・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:大古 俊輔)は、バッテリーの設計、研究開発者向けの熱流体解析ソフトウェアANSYS Fluentバッテリーモデリングセミナーを東京(2月7日)、大阪(2月17日)、名古屋(2月18日)にて開催いたします。

セミナー詳細
http://ansys.jp/event/seminar/fluent_battery/


高容量・高出力であるリチウムイオン電池において、性能や安全性の観点から熱管理が重要な課題となっています。アンシスの熱流体解析ソフトウェアANSYS FluentとBattery Modelを用いることで、例えば、ある冷却条件におけるセルの発熱量の分布や温度分布を得ることが出来ます。セルだけでなく、モジュール、パックを含めた解析も可能であり、冷却構造や材料の検討などバッテリーの開発・設計に役立てて頂けます。

このANSYS Fluentの最新バージョン 15の新機能として、バッテリーパックの熱流体解析に適したMSMD Battery Modelが搭載されました。本セミナーでは、MSMD Batteryモデルを中心に、ANSYS Fluentを用いたバッテリーのモデリングアプローチについてご紹介します。併せてANSYS Simplorer(システムシミュレーター)との連成技術についてもご紹介します。


■開催概要
開催日: 東京 2月7日(金)、大阪 2月17日(月)、名古屋 2月18日(火)
時間 : 13:30~17:00
場所 : <東京> 本社 セミナールーム
     東京都新宿区西新宿6-10-1 日土地西新宿ビル 18F
     http://ansys.jp/event/seminar/map/tokyo_sr.html
     <大阪> 西日本オフィス セミナールーム
     大阪市北区豊崎3-19-3 ピアスタワー 18F
     http://ansys.jp/event/seminar/map/osaka_sr.html
     <名古屋> 中部オフィス セミナールーム
     愛知県名古屋市中区錦1-4-6 三井生命名古屋ビル 10F
     http://ansys.jp/event/seminar/map/central_sr.html
費用 : 無料
対象 : バッテリーのモデリングに興味をお持ちの方

<プログラム>
1. イントロダクション
2. 標準機能によるモデリング
3. ANSYS Fluent Battery Model
4. MSMD Battery Model
5. 電気化学反応モデルを組み込む(UDFによるカスタマイズ)
6. ANSYS Simplorerとの連成

バッテリーのモデリング手法や、計算例、カスタマイズ、デモンストレーションなどを通して、ANSYS Fluentによるバッテリーモデリングを学んでいただけます。
ユーザー様も、そうでないお客様も、無料でご参加いただけますので、どうぞお気軽にお申込みください。

・セミナープログラムの詳細、お申込み
http://ansys.jp/event/seminar/fluent_battery/

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

パックレベル(発熱量) 単セルでの検証(パックレベル) 電極レベル(温度)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング