スクランブル交差点前「グリコビジョン渋谷」がリニューアル工事完了!6.00mmピッチLEDを屋外大型ビジョンで初採用

@Press / 2014年1月27日 11時0分

グリコビジョン渋谷
株式会社シブヤテレビジョン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:秋元 耕士、以下 シブヤテレビジョン)は、渋谷駅前に設置している当社街頭ビジョン「グリコビジョン渋谷(シブヤテレビジョン2)」(所在地:東京都渋谷区神南1-23-8)のリニューアル工事を実施いたしました。

▼グリコビジョン渋谷
http://www.atpress.ne.jp/releases/42640/img_42640_1.jpg (画像)


1.リニューアル工事実施の背景
2006年10月に設置した「グリコビジョン渋谷(シブヤテレビジョン2)」は、今日に至るまで多数のクライアント様にご利用頂き、当社の認知度向上にも貢献をして参りました。
この度、更なる媒体価値の向上を目的とし、最新型のビジョンへのリニューアル工事を実施いたしました。
今回のリニューアルにより、当該ビジョンの画質・音響が飛躍的に向上する為、視認率の上昇を見込んでおり、当社媒体の新たなセールスポイントとして、更なるクライアント様及び広告出稿の獲得を目指して参ります。


2.新ビジョンの概要
日本国内の常設屋外大型ビジョンにおいて、6.00mmピッチLEDを初めて採用いたしました。

ピーディーシー株式会社製「FOREST VISION」
・大型映像表示装置 FV P06-so
・フルカラーLED表示部21.90m2
・制御方式SMD(3in1)
・画面サイズ3,456mm 6,356mm
・画素ピッチ6.00mm 絵素ピッチ6.00mm
・水平走査線576 ライン
・解像度576 × 1,056
・画面輝度5,000 cd/m2


3.今後の展望
2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催が決定し、日本の流行の発信地である渋谷が、世界レベルでもより一層の注目を集めていく事が予想されます。
そのような周辺環境の中、当社は、渋谷中心地区に密着した事業活動を行っており、渋谷での各種プロモーションを実施する際に必要なノウハウやインフラを多数所有しております。
特に街頭ビジョンについては、渋谷中心地区の中でも主要な場所に8基のビジョンを効果的に配置しているため、広告媒体としての認知度も高く、当社の主力事業となっております。
今後も、街頭ビジョンの運営を軸に、ポスターボード、ライブホール、ダンススクール等の自社媒体・施設や、他社媒体及びサンプリング活動等も効果的に組み合わせ、総合的な広告代理業務にも力を入れております。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング