桜の名所 目黒川のほとりで“いけばなの祭典”『いけばな×百段階段2014』

@Press / 2014年1月27日 9時30分

昨年度の出展の様子 艸心流瓶華
目黒雅叙園(運営:株式会社目黒雅叙園/所在地:東京都目黒区)では、2014年3月18日(火)~5月18日(日)まで、園内に現存する東京都指定有形文化財「百段階段」にて、第2回の開催となる「いけばな×百段階段2014」を開催します。古典様式から現代様式まで、幅広いスタイルの“いけばな”をご覧いただけます。

URL: https://www.megurogajoen.co.jp/event/ikebana/index.html/

◆昨年を上まわる規模で開催される、いけばなと文化財のコラボレーション
日本最大のいけばな団体「公益財団法人日本いけばな芸術協会」より、昨年度の出展を超える、51流派が集結し、週替りで文化財「百段階段」に作品を発表します。いけばなと昭和初期を代表する日本画家たちが美を競い合ったアート空間「百段階段」との時代を越えた美の共演が再び実現します。桜が芽吹く頃から新緑の季節までの2ヶ月に及び、日々表情が変化する移ろいの美をお楽しみいただけます。会期中何度でもご覧いただけるお得なフリーパスも販売します。


◆毎週月曜日には、流派の家元による公開制作をお披露目
 ※毎週月曜日展覧会は休館
毎週月曜日には、エントランスロビーにて、流派の家元らが手がける大作の公開制作を開催します。
いける過程を間近でご覧いただける貴重な機会です。


◆目黒川の桜とともに楽しむ目黒雅叙園の春
都内有数の桜の名所である目黒川。桜が花開く季節には、約4kmに及ぶソメイヨシノの桜並木、約800本が咲き誇ります。桜の開花に先駆け、園内パブリックスペース「招きの大門」では、アートフラワーの桜の設えでお客様をお出迎えします。また、日本料理「渡風亭」では、春の彩りを目と舌で堪能いただける会席膳もお楽しみいただけます。


<いけばな×百段階段2014 開催概要>
■開催期間:2014年3月18日(火)~5月18日(日) ※月曜日休館
■開催時間:10:00~18:00(最終入館 17:30)
■会場  :目黒雅叙園 東京都指定有形文化財「百段階段」
■入場料 :1,200円(前売1,000円)/学生 600円
      通期入場フリーパス3,000円 ※小学生以下無料
■お問合せ:03-5434-3140(10:00~18:00 営業部)
■主催  :目黒雅叙園
■企画協力:公益財団法人日本いけばな芸術協会
■後援  :目黒区・めぐろ観光まちづくり協会
■協力  :JR目黒駅

※展示構成は、一部変更となる場合がございます


◆文化財「百段階段」とは
2009年3月に東京都の指定有形文化財に指定された木造建築。ケヤキの板材でつくられた99段の階段廊下をもつことから、通称「百段階段」と呼ばれています。かつて食事を楽しみ、晴れやかな宴が行われた絢爛豪華な7部屋が連なり、各部屋では樹齢数100年を越える床柱の他、天井や欄間に鏑木清方や橋本静水など当時屈指の著名な作家たちによって描かれた約160枚に及ぶ日本画や設えなど、昭和初期における美の共演と大工の高い技術力をみることができます。本展では、週替りで移り行く各流派の作品と日本画壇を代表する画家の作品との共演をお楽しみいただけます。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

昨年度の出展の様子 古流松應会昨年度の出展の様子 国風華道会公開制作の様子

@Press

トピックスRSS

ランキング