簡易・安価のサーバー自動監視サービスで企業システムをサポート スリーエム、『QuickGuard』を運用開始

@Press / 2014年1月24日 16時30分

『QuickGuard』
スリーエム株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:田村 尚久)は、このたび新たに、マネージメント・サービス・プロバイダー事業として手間・金額のコストを大幅に削減したサーバー監視サービス『QuickGuard』の運用を開始します。
http://www.quickguard.net

クラウドが主流になる昨今、監視サーバを一から自社で構築して、データセンターに預けたり、MSP業者に依頼することは、スピード面やコスト面で大きな負担になります。当社の『QuickGuard』の監視サービスは、最低で月額3万円から開始できるサービスです。また一般的な監視設定を申し込み時に設定した状態で引き渡し致しますので、監視運用する手間を大幅に削減することが可能です。


【『QuickGuard』の2つ特長】
ソーシャルゲームやスマホアプリなどのユーザー集客の見通しが立てづらく、ピーク時には迅速なリソース拡張が求められるサービスが増えてきた中、自社で監視サーバを構築して24時間365日の監視体制を維持したり、従来のMSP事業社の台数課金による監視サービスでは、事業規模や展開によってミスマッチになるケースも少なくありません。
当社のサービスは2つの点で、従来のMSP業者の監視サービスとは大きく異なります。

1.監視対象台数で月額費用が変動しない
通常、台数が増加するたびに見積もりを依頼すると、1台あたり1~3万円の費用が増加していきますが、当社では台数課金ではなく月間の電話連絡回数を基準に費用を算出しております。システム全体のアラート数が少なければ、監視対象が何台であろうと固定費用は増えません。(※1)

2.お客様専用の監視サーバを異なる2拠点で冗長構成
金額が安価だと品質もイマイチという印象が強いですが、今回のサービスで使用するサーバは東京と関西の2拠点間による冗長構成を取っておりますので、ネットワーク障害や災害時などにも、自動的に監視サーバを切り替えて監視を継続します。

この新規事業の発足により、当社ではミッションクリティカルなサーバー運用を可能として、今後の事業展開に更なる幅を持てるものと確信しております。


【『QuickGuard』の概要】
■サービス名称
QuickGuard( http://www.quickguard.net )

■サービスの内容
月額費用で行える内容は下記の通りです。

・24時間365日のシステム自動監視
・障害検知時のメール送信
・障害検知時のSMS・電話連絡(Basicプラン以上)
・監視サーバの冗長構成及び自動切り替え(東京・大阪)
・障害検知時の自動プロセス再起動(ユーザ作成スクリプトも可能)
・サーバ台数に依存しない料金固定プラン(※1)

<別オプション>
・監視項目のグラフ表示
・監視項目のコンサルティング(ヒアリング・設計・相談)
・既存監視サーバからの移設

また、今後は上記の内容に加えて、下記の内容のサービスリリースを予定しております。

・多数のサーバ監視におけるビッグデータ分析の共有
・エージェントインストールによる監視項目の自動登録

※1 基本契約1つに対して、監視サーバの性能限界により監視項目2,000程度までが登録可能です。


【会社概要】
社名  : スリーエム株式会社 (英文社名 3M Corporation.)
所在地 : 東京都千代田区丸の内1-11-1
      パシフィックセンチュリープレイス8F
設立  : 2011年2月4日
代表者 : 代表取締役社長 田村 尚久
URL   : http://www.3-mmm.com/ (コーポレートサイト)
      http://www.quickguard.net (QuickGuard)
事業内容: ITコンサルティング

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング