建築素材 タイルを箸置に!美濃焼がルーツの多治見タイルを活かした「コンテ」、JCD プロダクト・オブ・ザ・イヤー in Chubu“タイル編”で銀賞<準グランプリ>受賞

@Press / 2014年1月28日 10時30分

商品イメージ
COS KYOTO株式会社(京都市下京区、代表取締役:北林 功)と株式会社オザワモザイクワークス(多治見市笠原町、代表:小澤 直樹)の共同開発による箸置「CONTE コンテ」が、『JCD PRODUCT OF THE YEAR in Chubu “タイル編”』において銀賞<準グランプリ>を受賞しました。

「CONTE コンテ」のコンセプトは、「建材」として利用されてきたタイルを新たに「生活用品」である箸置きとしてリデザインするというもの。美濃焼が得意とする釉薬の微細な調整による美しい色彩表現技術を最大限に活かすと共に、パッケージにも工夫を凝らすことで、その美しさをより引き出しました。
プロダクトとしての完成度に加え、コンセプト設計やパッケージング、写真・グラフィックなどを含めた一貫したブランディングが評価され、受賞に至りました。


【「CONTE コンテ」商品概要】
美濃焼に起源を持つ多治見タイルの素材・技術を用いた箸置です。モザイクタイルの特徴である微妙な色合い表現を最大限に活用し、6色の美しいグラデーションの変化を感じて頂けるデザインに仕上げました。時間や気分の変化に応じて、好みの色合いを選んで使って頂けます。

素材  : 施釉磁器質
製法  : 磁器材料を成形後、施釉し、焼成
大きさ : W 47mm×L 9.5mm×H 6mm(各箸置)
      W 110mm×L 110mm×H 18mm(パッケージ)
価格  : 1,890円(税込)
色   : 朱・碧・蒼・橙・黒
商品詳細: http://www.cos-kyoto.com/wwd/p9.html


■『JCD PRODUCT OF THE YEAR in Chubu “タイル編”』について
一般社団法人日本商環境デザイン協会(以下 JCD)中部支部 主催「JCD文化祭」において、2014年9月12日(金)~10月19日(日)に開催される世界最大級の陶磁器の祭典「国際陶磁器フェスティバル美濃'14」のプレイベントです。中部エリアのタイルメーカーの優れた製品に対して、デザイン、機能、アイデアなどの総合的な観点からJCD中部支部会員が選び表彰しています。


【COS KYOTOについて】
■COS KYOTOのプロダクトデザインに対する姿勢
京都は1200年を超える歴史の中で、日本、そして世界各地の文化や産物を取り入れ、常に本質を問い直すことで、世界の人が憧れるような独自のものに高めてきました。COS KYOTOは、そのような「伝統の姿勢」を根幹に据え、現代の文化・素材・技術を京都の感性で「漉(こ)す」ことで、現代のライフスタイルに合ったプロダクトを世界に発信しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング