リンツ、日本・スイスの国交樹立150周年記念イベント「SWISSDAYS」に参画 2014年2月6日~9日 六本木ヒルズアリーナにてホットチョコレートドリンクとバレンタインチョコレートを販売

@Press / 2014年1月28日 14時0分

日本・スイス国交樹立150周年公式ロゴ
1845年創業、世界100カ国以上で愛されているスイスの歴史あるプレミアムチョコレートブランド Lindt(リンツ)の日本法人リンツ&シュプルングリージャパン株式会社(代表:アンドレ・ツィメルマン、本社:東京都中央区銀座)は、2014年2月6日から9日に六本木ヒルズアリーナにて開催される日本とスイスの国交樹立150周年イベント「SWISSDAYS(スイス・デイズ)」にプレミアムパートナーとして参加、ホットチョコレートドリンクとバレンタインチョコレートの販売を行うことをご案内申し上げます。


<SWISSDAYS(スイス・デイズ)>
日本とスイスが正式に国交を結んだのは1864年2月6日。
それからちょうど150年を経て、2014年は日本とスイスにとって記念すべきアニバーサリーイヤーとなります。
両国の友好を祝い、さらなる発展を目指して、2014年2月6日~9日の4日間、六本木ヒルズアリーナがスイス一色で染まる「SWISSDAYS」のイベントが、開催されます。
特設ステージでのたくさんのスイスらしい催し物、スイス政府観光局やスイスを代表するブランドの展示ブース・フードコーナー、そして17時からはスイスの雄大な自然や文化をテーマにした迫力の3D映像を巨大スクリーンに投影するプロジェクションマッピングとLEDライトによるショーも行われます。

・SWISSDAYS公式サイト
http://swissdays.jp/


リンツもスイスを代表するブランドとして「SWISSDAYS」にプレミアムパートナーとして参加。
リンツのブースでは、1885年創業、スイスを代表する家具メーカーUSMモジュラーファニチャーのシックなチョコレート色のカウンターが設置され、寒い季節にぴったりのホットチョコレートドリンクの提供と、間近に迫ったバレンタイン向けのチョコレートの販売を行います。

・USM公式サイト
http://www.usm.com/ja-jp/
・USM「SWISSDAYS」関連ページ
http://www.usm.com/ja-jp/news/news/2014/01/USM-Lindts-swissdays/


また、同じスイスのブランドで、スイスアーミーナイフで有名なビクトリノックスとコラボレーション。
リンツとビクトリノックスのブースの間には、高さ2.5メートルにもなるチョコレートのジャイアント・スイスアーミーナイフが登場。迫力あるナイフのオブジェからチョコレートの甘い香りが漂います。
このコラボレーションを記念して、リンツのバレンタイン期間限定のリンドールハートが一つ入ったリンドール6個入りギフトボックスと、ビクトリノックスのスイスアーミーナイフ「クラシック」をセットにしたバレンタインギフトセットの販売も行います。

・ビクトリノックス「SWISSDAYS」関連ページ
http://jp.microsites.victorinox.com/jpch130/event/


●ビクトリノックス&リンツ 2014年スイス・デイズ限定
アーミーナイフ&チョコレートセット
セット内容:
リンツのチョコレート「リンドール」6個入りギフトボックス
(バレンタイン期間限定リンドールハート1個+リンドール5フレーバー)
ビクトリノックス アーミーナイフ クラシック1本(カラーバリエーション有り)
価格:2,820円(税込)


●リンツのブースで販売予定品
ホットチョコレートドリンク ダーク 600円(税込)
ショコラスペキュロスドリンク(ホット) 650円(税込)
バレンタイン向けチョコレート各種


<Lindtとは…>
Lindt(リンツ)は、スイスで1845年に創業、現在では世界100カ国以上で愛されているプレミアムチョコレートブランドです。ブランド名となっているリンツは、今ではあたりまえとなっているチョコレートのなめらかな口どけを初めて可能にした「コンチング・マシン」を発明、スイスをチョコレート立国たらしめた、ロドルフ・リンツ氏の名に由来します。
リンツ&シュプルングリー社の創設者、ダーフィート・シュプルングリー氏はチューリッヒの小さなパティスリーのパティシエを経て、1836年にその店のオーナーとなり、1845年に自家製チョコレートの製造を開始しました。
1899年にリンツとシュプルングリーは合併することになり、チョコレートの製造においてすでに高い評価を得ていたシュプルングリーと、「コンチング・マシン」を発明、チョコレート界に革新をもたらしたリンツが手を携えて、その卓越した技術で最高の品質のチョコレートが生み出されるようになりました。
以来、160年以上の時を経て、そのチョコレート作りへの情熱は、リンツのメートルショコラティエ(チョコレート職人)たちによって受け継がれ、カカオ豆の仕入れから最終製品までの工程をすべて自社で一貫して生産することにより、常に高品質で、香り高く、口どけの良いチョコレートで、今も世界中のチョコレートファンを楽しませ続けています。


▼リンツ ジャパン ホームページ
http://www.lindt.jp/
▼公式ブログ
http://blog.lindt.jp/
▼公式Twitterアカウント
http://www.twitter.com/LindtJapan
▼公式Facebookページ
http://www.facebook.com/LindtJapan

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

ビクトリノックスアーミーナイフ&リンツチョコレートセットショコラスペキュロスドリンクリンツバレンタインチョコレートギフトイメージ

@Press

トピックスRSS

ランキング