<主婦の自転車利用に関する意識調査>6割以上が右側走行経験のある“逆走主婦”

@Press / 2014年1月30日 16時0分

グラフ1
2012年の自転車乗用中の交通事故件数は約13万件で、交通事故件数に占める割合は19.9%と前年度と比較しても未だに2割と高い割合で推移しています(警視庁調べ)。また、2013年12月に改正道路交通法が施行され、ますます自転車のルールが厳格になり、自転車を利用する人のルール・マナーへの意識が、より重要となってきています。
そこで、利用者の方々に安全安心な自転車生活を送って頂くため、自転車利用に関する様々な情報発信を行うことで自転車が関連する社会問題を減少させることを目的として活動する「自転車の安全利用促進委員会」を発足しました。
そして今回、本委員会は、自転車を利用する機会の多い主婦の中でも、週一回以上利用している20~50代の主婦を対象に、「主婦の自転車利用に関する意識調査」を実施し、1,000名の回答を集計しました。


■調査トピックス
(1) 自転車に乗っている時に事故に遭った(遭いそうになった)・起こした経験のある主婦は47.4%

(2) 主婦の半数以上は、ほとんど自転車のメンテナンスをしていない。理由1位は「やりかたがわからない」、2位は「めんどくさい」

(3) 2013年12月に施行された「改正道路交通法」について、正しく理解している主婦は4割未満

(4) 67.5%の主婦が路側帯で自動車と逆方向(右側走行)の経験がある“逆走主婦”

(5) 自転車事故における賠償金の主婦の平均予想は、実際の賠償金額の半分以下という結果に

(6) 7割以上の主婦は、「自転車保険に今後入る・入りたい」と思っている


今回の調査結果を受け、自転車ジャーナリスト遠藤まさ子さんは次のように述べています。

■遠藤 まさ子さんコメント(※)
「自転車事故に遭った、遭いそうになった主婦が約半数おり、さらにその原因の7割以上が主婦側にあるという結果に非常に驚かされました。上記の結果から推測すると、これは自転車に乗っている主婦のうち、3割近くの人が事故を起こしかねないということ。大都市圏のママたちは『子どもと一緒に移動する手段』として自転車を選択している人も多く、悲惨な事故がいつ起きてもおかしくないと考えられます。それにも関わらず自転車をとりまくルールやマナーに疎い人が多い一因として、多くの人が自転車の正しい乗り方やメンテナンス方法を教わる機会がなく、また運転免許証のような制度もないことから「乗りものに乗っている意識が希薄」であることが挙げられるのではないでしょうか。
ここ数年、自転車が加害者となる重大事故が増えており、道路交通法も自転車に対する規定の新設や明文化が進められています。事故に遭うことはもちろん、自分自身が加害者とならないためにも自転車のルールを良く知ると同時に、きちんと整備された安全な自転車に乗る習慣をつけることをおすすめします。」

@Press

トピックスRSS

ランキング