ジャパネットたかたが動画配信にブライトコーブのVideo Cloudを採用~ブライトコーブのZencoderを使ったライブ配信も~

@Press / 2014年2月13日 10時0分

 ブライトコーブ株式会社(所在地:東京都渋谷区、CEO兼代表取締役社長:伊崎 洋児、以下 ブライトコーブ)は、株式会社ジャパネットたかた(本社:長崎県佐世保市、代表取締役:高田 明、以下 ジャパネット)の動画配信にBrightcove(NASDAQ:BCOV)Video Cloudが採用されたことを発表いたします。


 ジャパネットではホームページ上の動画配信にも積極的に取り組んでいます。Web専用動画テレビショッピングで紹介された商品に連動したオンデマンド配信の他、CS放送を同時に24時間サイマル放送する「ジャパネットチャンネルDX(以下 ジャパチャンDX)」、週に1回インターネット生放送を行う「WEBスタ!」などがあります。

 以前の配信方法では、正確な視聴データの計測や、動画を編集してエンコードし、ページを作るまでの一連の流れの、負荷軽減が運用上の課題でした。また、多くのレンディションを作るのが難しいために品質を落として動画を配信せざるを得ませんでした。機能面においては、スマートフォンなどのさまざまなデバイスや環境に最適な配信ができ、スマートフォンのネイティブアプリへも容易に組み込むことができる動画配信プラットフォームを検討していました。

 そこで、新たな動画配信プラットフォームとして採用されたのがブライトコーブのVideo Cloudです。運用、機能面での要件を満たしていたことに加え、カスタマイズ性が高いことも決め手となりました。

 Video Cloudの導入により、自動的にマルチビットレートで複数のレンディションが作成され、各種デバイスや通信環境に応じた最適品質の動画を配信することが可能となりました。また、動画のアップロードやページ制作の工数が大幅に短縮され、動画配信のリードタイムが短縮されました。さらに、Video Cloudの解析機能を活用することで、動画の視聴データを詳細に分析することができ、コンテンツ制作にも活かせます。

 今回ジャパネットではVideo Cloudに加えてZencoderも採用されました。Zencoderは品質および処理速度で高い評価を得ているクラウド エンコーディング サービスです。24時間配信の「ジャパチャンDX」では従来のハードウェアエンコーダを利用し、週1回放送している「WEBスタ!」やスポットでのライブ配信ではZencoderのクラウド エンコーディング サービスが活用されています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング