生活者心理データから予測!Appleの新技術がショールーミング化を防止する。

@Press / 2014年1月31日 17時15分

裏づけくんアカデミックロゴ
日本写真印刷株式会社(本社:京都市中京区、代表取締役:鈴木 順也)は、生活者心理データベース「裏づけくん」の活用事例サイト「裏づけくんアカデミック」にて、第13弾となるレポートを公開。
「裏づけくん」のデータベースを使った顧客ニーズ分析により、店舗のショールーミング化を防ぐポイントを予測します。


ネットを使って買い物をするECサイトの台頭で問題になっているのが、リアル店舗の「ショールーミング化」です。

「ショールーミング化」とは、顧客がリアル店舗で実物を確認し、楽天やアマゾンなどの大手ECサイトで最安値で買う行為です。

それに対抗するため、各社O2O(オンラインからオフライン)マーケティングに取り組んでいますが、技術的な課題もありなかなかうまく行かないのが現状です。

しかし、昨年9月にiPhoneに採用された新技術iBeaconにより、その課題が解決しつつあります。
本レポートでは、「裏づけくん」の顧客データからショールーミングの要因を分析、従来のO2Oの問題点やiBeaconによる店舗での新しいコミュニケーションの可能性をご紹介します。

【本レポートの内容】
1. 生活者心理データベース「裏づけくん」から見るショールーミング化の要因
2. 各社が取り組むO2O施策の問題点
3. Appleの新技術iBeaconとは
4. iBeaconが変える店舗でのコミュニケーションの可能性

▼レポートの詳細はこちら

http://urazukekun.com/712.html

執筆者は、WEBコンサルタントで株式会社アンジェス代表の佐々木康友氏です。

「裏づけくんアカデミック」では、今後も生活者心理データベース「裏づけくん」を活用し、マーケティングの第一線で活躍する執筆者によるレポートを公開していきます。



【裏づけくんアカデミックについて】
日本写真印刷が運営する、マーケティング情報サイト。
生活者心理データベース「裏づけくん」を活用し、マーケティグの第一線で活躍する著者によるレポートを定期的に公開しています。
http://urazukekun.com/






【「裏づけくん」について】

○基本情報
生活者のマインドに関する調査
調査標本:15-69歳日本人男女個人
標本数 :2,877標本名(回収ベース)
標本抽出:国勢調査の人口統計に合わせたクオータサンプリング:層化抽出
調査地区:全国
調査手法:インターネット調査(検票済み)
調査時期:毎年12月実施
設問数 :120問以上

○「裏づけくん」概要
http://www.nissha.com/products/information_com/solution/marketing/urazuke.html


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング