カタツムリ、ヘビに次ぐ注目株と言えば「サーモンプラセンタ」! 新型海洋性プラセンタ再生治療で“シミ・シワ・薄毛”を改善

@Press / 2014年2月5日 11時0分

美白症例写真
開院20年目となる“主にアンチエイジング美容皮膚科事業を展開し、2010年に日本初のたるみ専門外来を開設した”医療法人社団シーズ・メディカルグループ シロノクリニック(理事長:城野 親徳、所在地:東京都渋谷区)は、2014年2月1日より、新型海洋性プラセンタ「サーモンプラセンタ」を導入し、シミ、シワ、薄毛改善に効果的な細胞再生治療を開始いたしました。


■ 日本ではまだまだ希少な「サーモンプラセンタ」治療
サーモンプラセンタの主成分であるPDRN(ポリデオキシリボヌクレオチド)はDNAの構成成分のことで、1995年に初めてサーモンの精巣から抽出されました。サーモンはDNA(デオキシリボ核酸)が豊富で、人間と塩基組織が殆ど一致していることも特徴的です。PDRNはもともと、創傷治療(火傷や傷跡)、関節注射(ヒアルロン酸の代用)に使用されており、EU、KFDAにおいて既に承認された医薬品で、通称「サーモン注射」として注目を集めてきました。しかし、日本ではまだ、サーモンプラセンタを導入しているクリニックが希少であり、今後の普及が期待されます。
一時的に皮膚に刺激や潤いを与えることで皮膚細胞を活性化する治療とは異なり、PDRNは線維芽細胞自体を増殖促進させて再活性化させていく治療のため、長期間の持続を発揮します。そしてこの細胞再生の働きは、美白、肌の弾力回復、薄毛の改善に効果的なことが明らかになりました。


■ 新型海洋性プラセンタ「サーモンプラセンタ」はここがスゴい!
サーモンプラセンタは、(1) 動物性のプラセンタと比べてコラーゲン含有量が多い、(2) 分子が小さいため吸収が早いという特徴があり、また、(3) サケは寿命が3~4年と短いため新鮮であること、(4) 広大な海域を泳ぎ回って暮らしているため汚染物質が溜まりにくいことから安全性が高いと言われています。
また、レーザートリートメントに加えることで、線維芽細胞の増殖及び活性及び抗炎症に作用するため、(5) レーザー効果を更に引き出す後押しをしてくれます。


■ PDRNの基本メカニズム
PDRNは、VEGF(血管内皮細胞増殖因子)の分泌を促進させ、組織再生活性剤として働き、線維芽細胞の増殖を活性化させます。真皮再生、肌の弾力性の回復、毛穴・ニキビ跡の改善など効果を発揮します。
PDRNにヒアルロン酸を加えることで高い保湿効果も兼ね備えることができ、また、アルブチンを加えることでメラニンの生成を促すチロシナーゼの働きを阻害することもできるため、シミ、シワにも効果を発揮します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング