ソーシャルプロダクツ・アワード2014の受賞対象が決定! 日本で唯一、「社会性×商品性」を持った商品・サービスを表彰

@Press / 2014年2月5日 13時0分

SPAマーク
 一般社団法人ソーシャルプロダクツ普及推進協会(東京都中央区、会長:江口 泰広)は、環境や人・社会への配慮である「社会性」と、品質や機能、デザインなどの「商品性」の両方を兼ね備えた商品・サービスを表彰するソーシャルプロダクツ・アワード2014を開催し、一次、二次審査を通過した合計33点にソーシャルプロダクツ賞を授与しましたので、発表いたします。


■受賞商品・サービスについて
 大手・中小企業からベンチャー、NPOまで、幅広いエントリーがあったことにより、受賞対象も日本とタンザニアをつなぐものから奈良や青森の地域資源をフル活用したものまで、またカテゴリーとしても食品や家具からサーフウェアまでと、バラエティに富んだものとなりました。

受賞商品・サービス一覧は、下記URLまたは別添1をご参照ください。
URL : http://www.apsp.or.jp/spa2014/
別添1: http://www.atpress.ne.jp/releases/43037/att_43037_1.pdf


■今後の予定について
(1) 3月4日(火)
 ソーシャルプロダクツ大賞および特別賞の発表
ソーシャルプロダクツ賞を受賞した企業およびプレスの方をご招待し、LIFE CREATION SPACE OVE 南青山( http://www.ove-web.com/minamiAoyama/ )にて、大賞および特別賞の発表と表彰式を行います。

(2) 3月5日(水)~16日(日)
 ソーシャルプロダクツ・アワード2014展示会(経済産業省後援)
一般の方を対象に、受賞商品・サービスを一堂に紹介する展示会をLIFE CREATION SPACE OVE 南青山にて開催します。
※大阪では、OVE 中之島( http://www.ove-web.com/nakanoshima/ )にて3月20日(木)~23日(日)に開催。


●ソーシャルプロダクツ・アワード(SPA)とは
 ソーシャルプロダクツ普及推進協会が主催するSPAは、人や地球にやさしい商品・サービス(=ソーシャルプロダクツ)の普及・推進を通して、持続可能な社会を実現することを目的に、優れたソーシャルプロダクツを表彰する制度です。第一回の昨年は、サラヤ株式会社の「Happy Elephant 洗たくパウダー」が大賞を受賞しました。


■ソーシャルプロダクツ・アワードが生まれた背景
 環境や貧困、地域の活力低下、食の安全・安心問題など、様々な社会的課題が顕在化する中、その緩和や解決には、もはや特定の団体や個人の力だけでは足りず、多くの生活者や企業の継続的な参加と関与が必要です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング