ジェーシードゥコー、ヒューストン国際空港での広告サービス運営権を獲得

@Press / 2014年2月6日 13時30分

世界第1位の屋外広告会社であるジェーシードゥコー(フランス)は、ヒューストン国際空港における7年間(3年間の延長オプション付)のターミナルでの広告サービス運営権を獲得したことを発表しました。この広告プログラムにより同空港のバゲージクレームとコンコースエリアには、70インチのデジタルスクリーンや高解像LEDビデオウォール、双方向ディレクトリーを含む新世代のデジタルディスプレイが導入されます。

ヒューストン国際空港は国際線の900万人を含め年間約4,000万人近くの旅行客が利用する全米10位の空港です。またヒューストン経済圏は全米10位の規模を持ち、全米で五指に入るスピードで成長する経済圏のひとつです。

ジェーシードゥコー経営会議議長・共同CEOジャンフランソワ・ドゥコーのコメント:
「最近のロサンゼルス国際空港およびボストン国際空港での広告権の獲得に続き、今回の契約はジェーシードゥコーの米国での大型国際空港におけるリーダーシップを補強します。この契約により我々はヒューストンで、パートナー空港や旅客、広告主の皆様に最新世代のデジタルおよび双方向ディスプレイを提供します。」


<エムシードゥコー株式会社について>
エムシードゥコーはジェーシードゥコー(フランス)と三菱商事の出資によって作られた屋外媒体社です。
本社:東京都千代田区神田錦町3-23 西本興産錦町ビル6階
代表:代表取締役社長 ジャンコーム ランフランキ


<ジェーシードゥコーについて>
ジェーシードゥコーはフランスに本社を置く世界第1位の屋外広告会社です。
・2013年売上:26億7,600万ユーロ
・ジェーシードゥコーはユーロネクストパリのユーロリストに入っており、
 ユーロネクスト 100インデックスに含まれています
・ストリートファニチャーにおいて世界第1位(434,700の広告面)
・交通広告において世界第1位:150以上の空港、
 280以上の地下鉄・バス・電車およびトラムと契約(358,100の広告面)
・ビルボードにおいて欧州第1位(199,600の広告面)
・アジア太平洋地域の屋外広告において第1位(205,000の広告面)
・セルフサービスレンタル自転車において世界第1位
・55以上の国において1,002,800の広告面
・人口1万人以上の3,700市にて事業展開
・10,484人の従業員


リリース本文: http://www.atpress.ne.jp/releases/43088/att_43088_1.pdf

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング