観客動員数は約18万人、「世界らん展日本大賞2014」 今年は胡蝶蘭が大集合

@Press / 2014年2月12日 14時0分

世界らん展日本大賞2014 メイン画像
世界らん展日本大賞実行委員会は、今回で24回目となる世界を代表する蘭の祭典「世界らん展日本大賞2014」を2014年2月15日(土)~23日(日)の9日間、東京ドーム(東京都文京区)で開催します。

世界20か国・地域が参加し(予定)、約3,000種、約10万株、250万輪以上の蘭が展示され、目標観客動員数も会期9日間で約20万人を見込んでいます。今年のテーマは前回に引き続き「都会の真中の楽園」。文字通り都会の真中にあらゆる種類の蘭で埋め尽くされた楽園を再現。華やかな世界の中にも、やすらぎを感じていただけるような空間作りを目指します。

「世界らん展日本大賞2014」 http://www.jgpweb.com/


<主なみどころ>
■「知られざる胡蝶蘭の世界」
ギフトなどでおなじみの胡蝶蘭。大きく華やかな花が印象的ですが、実は様々な色、形、大きさのものが存在します。今回の世界らん展では、本邦初公開の胡蝶蘭の原種をはじめ、Elephant ears orchid(象耳蘭)の異名を持つ大きな葉のギガンテアなど、普段目にする機会の少ない原種を多数紹介いたします。また、未だ進化を続ける最新交配種の展示、科学の力から生まれた「青い胡蝶蘭」など、知られざる胡蝶蘭の世界をお届けします。


◎世界初!「青いコチョウラン」
世界初の「青いコチョウラン」がついに世界らん展に初登場!
人々は約50種あるといわれる胡蝶蘭の原種を交配、品種改良を重ね、より美しい胡蝶蘭を求め続けてきました。しかし、胡蝶蘭には青い色素を作る遺伝子がないため、「夢の植物を作る」を合言葉に、千葉大学が研究を開始してから約10年。その結果、最新の品種改良技術である「遺伝子組み換え法」により、2013年に世界初の「青いコチョウラン」がお披露目されました。今回、世界らん展に初お目見えとなります。

◎Elephant ears orchid(象耳蘭)の異名を持つギガンテア
胡蝶蘭の中で最大の葉を持つ種。長さ約50~60cmの葉を5、6枚下垂してつけ、長いものは葉長1mにも達します。花茎は下垂し長さ約40cm、密に20~40輪付けます。ボルネオ原産の希少種で、種名のギガンテアは「巨大な」を意味します。

◎【原種】本邦初公開!東南アジアからやってきた白い妖精
2004年に中国南部で発見され、2005年に公表された胡蝶蘭の原種、マリポエンシス。現地でもあまり目にすることができない希少種を、今回日本で初公開!その他にも、普段目にする機会の少ない原種の数々を一挙公開します。

@Press

トピックスRSS

ランキング