BLUEDOT、7インチの普及版タブレットを発売

@Press / 2014年2月13日 10時30分

本体(横持ち)
BLUEDOT株式会社(本社:千葉県千葉市緑区、代表取締役:李 東哲)は、7インチ液晶を搭載したAndroidタブレット「BNT-700」を発売します。タブレットの普及版を投入することで市場の拡大に努めます。

あらゆるデータがクラウド上に集約するネット時代。様々なサービスがアプリという形で登場し、ネットの恩恵を気軽に受けられるようになりました。ネットにつなげればいつでも好きなコンテンツを楽しんだり、友達との交流を楽しんだり、知識を学んだりできるようになり、個人の生活に様々な利便性をもたらしています。これに伴い、見やすい画面で気軽にアプリを楽しめるタブレットの市場も拡大しています。

今回弊社は、もっと多くの方々にネットの魅力に触れていただきたいと考え、シンプルな仕様の普及版タブレットを開発しました。Google社の認証を取得しておりますので、アプリをダウンロードするためのGoogle Playストアをはじめ、Google社の公式アプリがあらかじめインストールされています。

【7インチAndroidタブレット】
BNT-700K(ブラック):オープン価格、2014年2月20日発売予定
※想定実売価格 1万円前後
※弊社が運営するBLUEDOT STOREでも予約を受け付けます。
 BLUEDOT STORE: http://www.bluedot.co.jp/webshop/


―――――――――
■BNT-700の特長
―――――――――

▼スムーズで安定した操作感とシンプルな仕様
タブレットを動作させる基本ソフト(OS)にはAndroid 4.2.2を採用。ハードウェアの面ではデュアルコアCPU、1GBメモリーを搭載してスムーズで安定した操作感を実現しました。アプリやコンテンツを保存するストレージは、内蔵の8GBに加えてmicroSDHCカードスロットも備えておりますので、最大32GBまでのmicroSDHCカードを追加することができます※。このほか、ビデオ通話などに必要な前面フロントカメラやマイクも搭載しました。一方でBluetoothやGPSは非対応として、仕様をシンプルにしています。

※microSDHCカードは付属していません。

▼Google社の認証取得で便利
Google社のアプリやサービスを使うための認証を取得。Google Playストアを始めGoogle社が提供する公式アプリが最初からインストールされています。同社のアプリやサービスを使うための設定も最初に電源を入れたときに対話形式で済ませるようになっていますので、買ってすぐにアプリやコンテンツを楽しむことができます※。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング