ニッポンの爆音和太鼓パフォーマンス集団が今年はついに全47都道府県へ!結成20周年「倭-YAMATO」全国ツアー第二弾が開催決定

@Press / 2014年2月12日 11時0分

和太鼓パフォーマンス集団 倭-YAMATO
世界を駆け巡る和太鼓パフォーマンス集団「倭-YAMATO」(運営:株式会社魂源堂-KONGENDO)は、結成20周年を迎えた昨年にはより多くの方にコンサートを見ていただきたいとの想いから全公演・全席無料のコンサートツアーを開催し、22都道府県27公演を回りました。

本年は47全都道府県 54公演を巡る日本ツアーが決定致しました。
4月12日に奈良県桜井市での公演を皮切りに、9月21日までの約半年間、全国各地を飛び回ります。
昨年訪問できず、今年のツアーが初訪問となる県での公演については、入場料無料。公演の合間には昨年同様、学校公演や和太鼓体験教室も予定しています。

“日本全国全ての人にエネルギーを”との目標を掲げ、全身全霊をかけたパフォーマンスを披露いたします。

倭-YAMATO 公式ページ
http://www.yamato.jp/


【倭-YAMATO 20周年ツアー第二弾「爆音綺譚-BAKUON」】
無料公演は2部構成、休憩を挟んで全2時間の公演となっています。※
第一部は、倭-YAMATOの設立当初の情景を感じられるところから始まり、これまでの作品の演奏を通して時間の流れを感じていただける内容です。第二部は、倭-YAMATOが今立っている位置を自らが確認し、そして観客に問う時間にしていきたいと考えた内容になっています。
公演が進むに連れて観客自身も自分自身の立っている場所を再認識し、そして、最後はその空間にいる全員が、笑顔で未来に向かえる力を得られるよう願った舞台作品です。
(初めて訪問する県での無料公演の内容です。)

開催場所    : 47都道府県 54公演
公演スケジュール: http://yamato.jp/schedule/2014/top.html
※有料公演は90分間、休憩無しです。

テーマ:
“力強く熱く、打ち続けて来た鼓動。胸の内に鳴り響くその爆音の物語。”
命が生まれ、脈々と受け継がれて来た時間。途切れることなく鳴り響いて来た心臓の鼓動。そのパワーが我々の身体にも存在している喜び。受け継ぎ歩んで来た20年という時間と、まだ見ぬ未来へと新しい一歩を踏み出し続ける倭-YAMATOの物語。


【和太鼓パフォーマンス集団「倭-YAMATO」とは】
「倭-YAMATO」は1993年、大和之国・奈良に誕生。現在は日本文化発祥の地として知られる奈良県明日香村を拠点に和太鼓の演奏活動を続けているグループです。明日香という歴史ある土地に住んで、使っている太鼓は日本の伝統的な楽器ですが、私達のやっていることは伝統的なものではありません。楽器の作曲から、振り付け、演奏方法や衣装のデザインや舞台セットや大道具小道具、バチに至るまで、楽器以外のありとあらゆるものをメンバーの手作りでやっております。

▼パフォーマンス動画
http://www.youtube.com/watch?v=3fJrb4ZAzbs

≪これまでの公演回数は世界53カ国、3,000回≫
倭-YAMATOの活動範囲は世界中です。“呼ばれればどこへでも行こう!”を合言葉に結成から20年、今では1年間に世界各国で150~200公演を行う「ワールドツアー」を行うようにもなりました。これまでの訪問国は53カ国に達し、公演回数も3,000回を超えました。

≪倭-YAMATOの生活≫
千数百年の歴史を持つ明日香村にて、和太鼓という楽器をバックボーンに新たなる表現を模索する「倭-YAMATO」。和太鼓を抱えて日夜世界各地を走りまわっています。明日香での生活は基本的に「共同生活」で、起床は午前7時。毎朝7時30分から10kmのランニング。そして朝食です。その後、午前中は太鼓を使ったウェイトトレーニングや基礎体力作り、昼食を挟んで、午後からは全体での太鼓練習。晩御飯はだいたい夜の8時からで、その後は就寝時間まで個人練習となっています。寝ている時、トイレ、ご飯の時間以外はずーっと太鼓に関わっているのです。そして大体1年間に半年から長いと10ヶ月以上外国生活。「海外ツアー」というと聴こえは良いようですが、これがまた結構ハードです。なんせ観光する暇はほとんど皆無。劇場に入れば1日中公演準備とコンサート、終演後は休む間もなく後片付けと移動、の毎日なのです。世界の見どころはあんまり知りませんが、いろんな劇場とその楽屋のことはよく知っています。「倭-YAMATO」が年間に訪れる国は15~20カ国。様々な場所で行う200余りの公演に30万人以上の人が来てくれます。その出会いが楽しみで、ツアーを続けているのです。


▼代表・芸術監督 小川 正晃 挨拶
和太鼓という楽器は日本人にとってなじみ深いものです。有史以来、様々な場面で人々を鼓舞し勇気づけてきた響きは、現代でも変わることなく日本に響いています。神事や祭で鳴り響くその音に日本を感じ、癒される人も多いのではないでしょうか。そして、その響きを音楽へ、また舞台芸術へと導く挑戦も続けられています。和太鼓の響きに魅せられた多くの太鼓演奏家や太鼓団体が繰り返す創作への努力の結果、今や世界中に和太鼓を愛する人々が誕生するまでになっています。世界の中で、日本という国のアイデンティティを表すに相応しい楽器「和太鼓」。常に和太鼓の価値を見つめ、伝統を守りつつ新しい可能性を見いだしてゆく。我々も、その素晴らしさを更に世界中に響かせることを目標にしていきたいと思っています。


【お問合せ先】
株式会社魂源堂-KONGENDO
〒634-0114 奈良県高市郡明日香村細川7
TEL  : 0744-54-4888
URL  : http://www.yamato.jp/

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング