GMOクラウドWESTが、JP-Secureのホスト型WAF製品「SiteGuard Lite」を「WADAXプライベートクラウド」で採用

@Press / 2014年2月13日 9時30分

株式会社ジェイピー・セキュア(本社:川崎市幸区、代表取締役:矢次 弘志、以下「JP-Secure」)は、GMOクラウドWEST株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:増田 義弘、以下「GMOクラウドWEST」)が2014年2月12日にリリースした「WADAXプライベートクラウド」サービスのWAFオプションとして、ホスト型Webアプリケーションファイアウォール「SiteGuard Lite(サイトガードライト)」が採用されたことを発表します。

「SiteGuard Lite」詳細ページ
http://www.jp-secure.com/cont/products/siteguardlite/


昨今、ホームページの改ざんをはじめとするWebサイトを介したセキュリティ事故が後を絶ちません。Webサイトに対する不正アクセスではWebアプリケーションの脆弱性を悪用する手法が多く、パケットフィルタリングベースのファイアウォールでは対応できないことから、専用ツールであるWAFの普及が急速に進んでいます。

GMOクラウドWESTが新たにリリースした「WADAXプライベートクラウド」は、ホスティング事業者ならではのパッケージ型クラウドです。近年企業のインフラ環境として、サーバーリソースの専有化と、用途や規模に応じた柔軟なシステム構成が可能なプライベートクラウドサービスの導入が急増しています。リソースの可用性と冗長化が可能となる一方で、プラン・オプションが多く最適なモノやコストがわかりにくいといった背景から導入に踏み切れない企業が存在するのも事実です。そのような課題を解決するべく、「WADAXプライベートクラウド」はハイパーバイザーやネットワーク回線などをオールインワンにしたプランとなっています。
リリースにあたり、Webサイトの改ざん(ウィルス感染、コンテンツ書き換え、個人情報の漏洩など)を未然に検知・防御することを目的として、「SiteGuard Lite」の採用が決定されました。GMOクラウドWESTでは「安心と安全を取り入れたサービスを提供する」という経営理念から、侵入検知IPSやDoS/DDoS等の攻撃防御機能を標準サービスとしてご提供されています。
「SiteGuard Lite」は、ホスト型のソフトウェア製品という性質からクラウド・ホスティング環境との親和性が高く、オンプレミス環境のお客様だけでなく、各種サービス事業者様に多くの実績がある製品です。ライセンスについても、一般的な年間ライセンスだけでなく、月額課金や利用数に応じた従量制といった事業者様のサービス体系に合わせた専用ライセンスプランをご用意しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング