お~いお茶と共に25年、日本最大規模の創作公募コンテスト※ 第二十五回伊藤園お~いお茶新俳句大賞 募集締切り迫る ― 入賞作品2,000句を「お~いお茶」シリーズのパッケージに掲載 ―

@Press / 2014年2月12日 12時0分

お~いお茶 緑茶
株式会社伊藤園(社長:本庄大介、本社:東京都渋谷区)は、2013年11月3日(文化の日)より受け付けて参りました「第二十五回伊藤園お~いお茶新俳句大賞」の作品応募を2月28日(金)で締切ります。(当日消印/送信有効)

今回で25回目を迎える当コンテストは、「お~いお茶」が発売された1989年に開始され、前回の応募総数が1,650,211句(日本を含む世界27ヵ国から応募)、第一回からの累計応募総数が24,505,453句となった、日本最大規模の創作公募コンテスト※です。

審査員は、「お~いお茶」が25年を迎える記念すべき回として新たにお迎えする、俳人の安西篤(あんざいあつし)さん、スタジオジブリプロデューサーの鈴木敏夫(すずきとしお)さん、書家の紫舟(ししゅう)さんをはじめとし、俳人の金子兜太(かねことうた)さん、黒田杏子(くろだももこ)さん、星野恒彦(ほしのつねひこ)さん、女優の吉行和子(よしゆきかずこ)さん、写真家の浅井愼平(あさいしんぺい)さん、明治大学教授のフィリップ D.ジトウィッツさんといった各界の第一人者9名で、より多様な方々の表現に対応した審査を行います。また、より多くの方々にご応募いただくためソーシャルメディアの普及に対応し、今回からFacebook上にも応募ページを開設しております。

応募テーマは自由で、感じたことや思ったことを、季語や定型にこだわることなく、五・七・五のリズムにのせてのびのびと表現していただき、どなたでも自由な発想でご応募できます。部門は、「小学生の部(幼児含む)」「中学生の部」「高校生の部」「一般の部A(40歳未満)」「一般の部B(40歳以上)」および「英語俳句の部」の計6部門です。

最高位の文部科学大臣賞1名様に賞金50万円、各部門の大賞6名様に20万円を進呈いたします。また、各賞合計2,000名様はご応募いただいた作品を「お~いお茶」シリーズ(飲料・リーフ・ティーバッグのいずれか)のパッケージに、入賞入選合計7,000名様は作品集『自由語り』に、作品が掲載され進呈されます。

さらに団体でご応募され、5名様以上が入賞された学校には、入賞作品を「お~いお茶」シリーズのパッケージに学校名と共に掲載する「優秀学校賞」を授与いたします。


※新俳句大賞は国内における俳句創作の公募コンテストとして応募作品数日本一。(月刊公募ガイド調べ。2014年1月31日現在)

@Press

トピックスRSS

ランキング