マップアール・テクノロジーズ YARNをサポートしたApache Hadoop 2.0を含む最新のMapRディストリビューションを発表

@Press / 2014年2月12日 13時30分

MapRロゴ
Hadoop技術のリーダー企業であるマップアール・テクノロジーズ株式会社(本社:東京都千代田区、以下 MapR)は、本日、YARNをサポートしたHadoop2.2を含む、最新のMapRディストリビューションを発表し、3月より提供を開始します。YARNのサポートにより、MapRクラスタは信頼性とリアルタイム性を持った柔軟なリソース管理のできる次世代データプラットフォームとなります。


YARNのリソース管理とスケジューリング機能により、Hadoopアプリケーションとクラスタのコンピューティングリソースを共有可能にし、クラスタのユーティライゼーションだけでなく全体効率が向上します。また、MapRのリード/ライト(R/W)POSIX準拠のデータプラットフォームをYARNと統合することにより、YARNのアプリケーションがHadoopクラスタ上でリソースを共有しながら動くことを可能にするばかりではく、分散ファイルシステムやデータベーステーブルのデータの読み書きや更新もできるようになります。これにより、企業はビッグデータ向けのHadoopアプリケーションをさらに広範囲に開発、展開することができるようになります。

MapRはまた同時に、Hadoop MapReduce 1.xとYARNスケジューラをクラスタ内の同一ノード上で同時に動作させることを可能にしたことを発表しました。これにより、MapReduce 1.xユーザーは、容易かつリスクを伴うことなく新しいHadoopスケジューラにアップグレードすることができるようになります。またこれは、下位互換が常に考慮されたMapRのメリットであり、同一クラスタ内でYARN対応とYARN非対応のサードパーティ製アプリケーションを同時に動作させることが可能な、MapRだけの優位性です。

MapR上で動くYARNベースのアプリケーションは、MapRディストリビューションが持つ高可用性、データ保護、ディザスタリカバリ、セキュリティ、そして操作性を継承しています。また、MapRのファイルシステムはランダムな書き込みと読み出しが可能なため、YARNベースのアプリケーションは最新の運用データに瞬時にアクセスができ、リアルタイム性が向上します。

MapRは、業界で最も広範囲にわたって、様々なHadoopディストリビューションのオープンソースプロジェクトをサポートしています。現時点でMapRがサポートするアプリケーションには、ApacheプロジェクトのHive、Pig、Solr、Oozie、Flume、Sqoop、HBase、ZooKeeper、そしてApacheライセンスを使用したMultitool、Hue、Impala、Cascading等のオープンソースプロジェクトが含まれます。MapRはまた、主要なHadoop関連プロジェクトにおいて複数のバージョンをサポートする唯一のベンダーであり、企業が安定性を確保しながら最新の技術も使えるように月例アップデートを提供している唯一のベンダーでもあります。
YARNをサポートしたMapRディストリビューションの最新版につきましては、下記を御覧ください。
http://www.mapr.com/jp

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング