「“自分に合ったまくら”と眠りとの関連性」についての共同実験報告

@Press / 2014年2月12日 13時30分

オーダーメイドまくら
 寝具・寝装品メーカーの西川リビング株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:宮川一幸)の睡眠環境科学研究所と、オムロン ヘルスケア株式会社(本社:京都府向日市、代表取締役社長:宮田喜一郎)運営による、ねむりラボの「ぐっすリズム実験室」は“オーダーメイドまくら”を使用する前と使用した時で、どれだけ睡眠の質に差が出るのかの共同実験を行いました。
 その結果“オーダーメイドまくら”を使用すると、“ぐっすり眠れる時間の大幅なアップ”や、“肩こり・首こりの改善傾向”、また“睡眠効率にも良い変化”が出ました。


 「朝起きると首や肩がこっている」「長時間寝ているのに熟眠した感じがしない」という悩みをよく耳にします。理想的な寝姿勢とは、「自然に立った姿をほぼそのまま横にした姿勢」と言われており、“自分に合わないまくら”を使い続けていると、頭痛や肩こり、いびきや不眠などの原因になります。
 今回の実験では、西川リビングが全国展開している<快眠ひろば>で取り扱う、“オーダーメイドまくら”を使用。このまくらは、専用の立位測定器で立ったまま体型を計測し、抽出したデータをもとに正しいまくらの高さを導き出し、好みの感触の中材を加えることでできる、世界にたった一つだけの“オーダーメイドまくら”です。


▼「“自分に合ったまくら”と眠りとの関連性」についての共同実験<概要>
調査期間:2013年10月27日(日)~11月29日(金)
調査対象 (1)まくらが合わない、起床時に肩こりや頭痛がある方
     (2)オムロン「睡眠計」で、眠りを測る習慣がある方
     (3)指定期間中に、<快眠ひろば>指定店舗で
       “オーダーメイドまくら”を作りに行ける方
     →以上の条件を満たす男女28名
調査内容 (1)事前アンケートで睡眠の状況を確認
     (2)今までお使いのまくらで寝て「睡眠計」で眠りを測定
     (3)作成した<快眠ひろば>の“オーダーメイドまくら”で寝て
       「睡眠計」で眠りを測定
     (4)アンケートで変化を確認


▼ぐっすり眠れる時間が大幅アップ!
<グラフ(1)>
http://www.atpress.ne.jp/releases/43221/img_43221_2.jpg

 「ぐっすり睡眠時間」とは、「10分以上連続した体動がない状態」のことを指します。体の動きが最小限であることが、ぐっすり眠れていることの表れなのです。
 この「ぐっすり睡眠」を睡眠計を使って使用前・使用後とで比べてみたところ、平均で10分も伸びたことが判明しました。“オーダーメイドまくら”を使うことで熟眠時間はぐっと増えることがわかりました。

@Press

トピックスRSS

ランキング