既存PCをVDI端末と標準デスクトップに自在に切替え可能に!ロデスター、ハイブリッド セキュア アクセス ソリューション『Lodestar ALM Link』を発表

@Press / 2014年2月12日 15時30分

Lodestar ALM for Smart token解除コード生成画面
 株式会社ロデスター(本社:東京都千代田区、代表取締役:橋本 豊、以下 ロデスター)は、このたびWindows PCにセキュアなリモートデスクトップ(以下 RD)接続環境を提供するソフトウェア『Lodestar ALM Link(ロデスター エーエルエム リンク、以下 ALM Link)』を製品化し、2014年2月28日より販売開始します。

 既存のWindows PCを、VDI端末(ALM Linkデスクトップ、シンクライアント端末)と標準デスクトップに自在に切替えてシステム利用できます。特に機密性の高い業務システムやファイルサーバ(※1)にはセキュアな「ALM Linkデスクトップ」からしかアクセスさせないという制御が可能となります。「ALM Linkデスクトップ」は、外部から完全に隔離されたSandbox環境(※2)で動作し外部からの攻撃や内部からの情報漏えいのリスクから保護されます。

※1 ファイルサーバへの制御は次バージョンで実装予定。
※2 Sandbox環境ではプリントスクリーン、コピー&ペーストおよびファイルサーバ/ローカルドライブ/USBメモリへのアクセスが禁止されます。

 標準デスクトップにも切替えて使用できますので、OA端末としての利便性は損ないません。導入は簡単で、Windows端末に『ALM Link』を導入していただくだけです。

 また、同時に発表する「Lodestar ALM for Smart token」(オプション)を併用すると、ワンタイムパスワード方式である『ALM Link』固有の解除コードとの組み合わせでより強固な2要素認証が利用できます。なりすまし防止をしながら、パスワード変更などの煩雑な運用から開放されます。

 『ALM Link』を利用すればセキュリティを確保した仮想デスクトップおよびリモートアクセス環境を低コストで簡単に構築することができます。VDI(仮想デスクトップインフラ)、BCP(事業継続計画)対策およびBYOD(私的端末利用)のツールとして『ALM Link』の導入が進むとロデスターでは期待しています。

 ロデスターでは、今後3年間で3億円の売上を『ALM Link』関連製品で計画しています。


■特長
・VDIよりリーズナブルで運用しやすい仮想デスクトップ環境を構築
・社内外を意識せず、コネクションブローカー未設置でも接続ロケーションを判断します。RDゲートウェイを設置すればVPN環境が無くとも外出先よりSSL通信により安全に社内のRDクライアント接続先にリモートアクセス
・RDクライアント接続先での作業もSandbox環境を介して実行されるため端末にデータを移行出来ず持ち出せない(*Lodestar ALM Link利用イメージ 参照)
・オプションの「Lodestar ALM for Smart token」によりなりすましを防止

@Press

トピックスRSS

ランキング