GfK Japan調べ:2013年 家電・IT市場動向

@Press / 2014年2月13日 16時30分

図4 タブレット端末 市場規模推移
 ジーエフケー マーケティングサービス ジャパン株式会社(所在地:東京都中野区、代表取締役社長:藤林 義晃)は、2013年の家電およびIT市場の国内販売動向を発表した※1。


【家電流通概況】
 2013年の家電小売市場規模は約7兆4,400億円となった。白物家電、カメラ関連製品の販売金額は前年を上回ったものの、AV製品、通信関連製品の落ち込みを完全に補うには至らず、前年比1.5%減とわずかに縮小した。一方で、デジタル家電や白物家電の主要製品では平均価格が前年を上回るなど、販売金額面では回復が鮮明になった。2014年は4月の消費増税に向けて、家電においても駆け込み需要が加速すると見込まれるが、その後同程度の反動減も予想されるため、通年でみると消費増税による市場の押し上げ効果は限定的と見られる。


【AV市場】
 2013年の薄型TVは前年比27%減の610万台と、エコポイント制度やアナログ放送停波に伴う特需の反動減が根強く残った。ただ月別動向をみると、数量前年比は1月の36%減から12月には18%減へ改善しており、市場には底打ち感が広がりつつある。2013年の市場の重要なトピックとして「大画面化」と「4K」が挙げられる。50インチ以上製品の数量構成比は前年の5%から9%に拡大し、4KTVの販売台数は31,000台と前年の55倍に達した。結果、薄型TV全体の平均価格は前年から16%上昇の61,500円となり、金額前年比は15%減にとどまった。

 Blu-ray(以下BD)/DVDは前年比16%減の545万台となった。なかでもBDレコーダーは特需の反動減や外付けHDD録画の増加により、前年比25%減の268万台と厳しい状況が続いた。BDレコーダーの平均価格は2007年の本格普及以降、下落が続いていたが、2013年は3%の上昇に転じた。内蔵HDDの大容量化と複数チューナー搭載機の増加が後押しした。また、プレーヤーではDVDからBDへの移行が緩やかに進展しており、BDプレーヤーの販売台数は前年比18%増となった。

 一部AV製品ではスマートフォン普及の影響が強くみられるが、ヘッドホン/ヘッドセットでは通話が可能なモバイル用が2%ポイント構成比を拡大し26%を占めた。モバイル用や高級ヘッドホンの好調によりヘッドホン/ヘッドセットは数量ベースでは前年比2%減となるも、金額ベースでは同7%増となった。また、ポータブルプレーヤーとデジタルビデオカメラは数量前年比23%減、21%減と縮小した。スマートフォンでの代用や、同様の機能を有しているその他製品の影響を受けたといえる。

@Press

トピックスRSS

ランキング