マップアール・テクノロジーズ、無償で使用できる開発者向けHadoop Sandboxを発表

@Press / 2014年2月18日 9時30分

ロゴ
Hadoop技術のリーダー企業であるマップアール・テクノロジーズ株式会社(本社:東京都千代田区、以下 MapR)は、本日、MapRのHadoopディストリビューションを仮想化環境で提供するMapR Hadoop Sandboxを発表、本日より提供を開始します。MapR Sandboxにより、開発者やアナリスト、そして運用管理者は、MapRのHadoopディストリビューションがインストールされた環境設定済みの仮想マシンを使い、5分程度でHadoopを体験することができるようになります。また、ポイント・アンド・クリックのチュートリアルも提供されます。


Hadoopはビッグデータを扱うに最も適したプラットフォームとして広く認識されていますが、まだ開発者の数や個々のスキルが十分でなく、トレーニングツール入手にも困る企業が多く存在します。MapR Sandboxは、そういった問題点を解決するツールです。MapR Sandboxには、あらゆるデータソースからMapR Sandbox内にファイルをドラッグ・アンド・ドロップする機能も含まれ、以下の用途に使用できます。

● トレーニング - MapR Sandboxの幅広い内容のトレーニングモジュールにより、開発者と管理者は迅速にHadoopを習得することができます。

● 開発 - シンプルで軽い仮想マシン(VM)上で動くため、ノートPCでもデスクトップPCでもアプリケーションを開発できます。これにより時間と開発資源を節約することができます。

● テスト - プロダクションクラスタに展開する前に、機能と設定を検証するテストが行えるため、コード変更なしでプロダクション環境に移行でき、高い生産性と移植性を提供します。

MapR Hadoop Sandboxは以下よりダウンロードできます。
URL: http://www.mapr.com/products/hadoop-download


【マップアール・テクノロジーズについて】
MapRは、Hadoopを駆使し、ミッションクリティカルかつリアルタイムな業務利用を支援する、エンタープライズ・グレードのプラットフォームを提供しています。MapRは一つの統合ビッグデータ・プラットフォームの中で、かつてない安定性と使いやすさ、そして世界最高速レベルの処理性能をHadoopやNoSQL、データベース、ストリーミングアプリケーションにもたらしています。MapRはフォーチュントップ100企業やWeb 2.0企業を中心として、金融サービス、小売業、メディア、医療機関、製造業、通信、政府機関等、500社以上のお客様にご利用いただいております。また、アマゾン、シスコ、グーグル、HPは、MapRの強力なエコシステムパートナーです。投資家には、Lightspeed Venture Partners、Mayfield Fund、NEA、Redpoint Venturesが名を連ねています。MapRは米国カリフォルニア州に本社を置き、東京都千代田区に東京支社を構えています。
ホームページ: http://www.mapr.com/jp/
Facebook  : https://www.facebook.com/maprjapan
Twitter   : https://twitter.com/mapr_japan


【お客様からのお問い合せ先】
マップアール・テクノロジーズ株式会社 営業部
Tel : 03-5288-5370
Email: sales-jp(at)mapr.com

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング