<日本・アメリカ・スウェーデン 3カ国のオーラルケア意識調査 Vol.1>欧米人は歯科医が好き!?欧米では7割以上の人が実践している「予防歯科」アメリカでは年2回、スウェーデンでは年1回の歯科健診が定着し、自宅でのオーラルケアには複数アイテム使いたい派が約7割の多数派

@Press / 2014年2月19日 14時30分

図1~図4
ライオン株式会社(代表取締役社長・濱 逸夫)は、「健康日本21」の掲げる「歯・口腔の健康」の実現に向けて、「予防」によって歯・口腔の健康を守る「予防歯科」の浸透を図る活動を本年より積極的に展開してまいります。
この度、日本・アメリカ・スウェーデンの3カ国においてオーラルケアに関する意識を調査しました。その結果、「予防歯科」の考え方が一般的に根付いている欧米では、自宅での歯のケアの方法や、歯科医に対するイメージが、日本とは全く異なる事が分かりました。


【予防歯科とは】
ムシ歯などにかかってからの「治療」ではなく、かかる前の「予防」を大切にする考え方です。歯科医院などでの定期的な健診等を通じて「プロケア(プロフェッショナルケア)」を受けることと、歯科専門家の指導に基づいて自分自身で行う「セルフケア」の両方で積極的に健康な歯を守っていくことが重要です。


<調査結果>
1.自分自身のオーラルケアに対して自信があるかとの問いに、アメリカとスウェーデンでは約8割の人が「自信あり」と回答したのに対し、日本では6割以上が「自信なし」。
欧米2カ国では、デンタルフロスの使用率が50%を超え、複数のアイテムを使い念入りにケアしたい人が約7割と多数派であるのに対し、日本はブラッシング単品での歯みがきだけで手軽に済ませたい傾向。

2.オーラルケアアイテムの年間平均購入金額は、スウェーデン¥8,415、アメリカ¥8,354に対して日本\4,965と、日本は欧米2カ国の約6割程度にとどまる結果に。オーラルケアアイテムへの「こだわり」や「お金をかける意識」では欧米2カ国に比べ日本は低い傾向。

3.予防歯科への“理解”はアメリカ・スウェーデンで約6割に対し、日本では20.9%。
予防歯科の“実践”はアメリカ・スウェーデンで約7割に対し、日本では26.2%。
一方で予防歯科の“必要性”は、日本でも他2カ国と同等の70.7%の人が感じている。

4.歯科医での定期健診受診回数は、アメリカは直近一年間に「2回」が最多で34.9%、スウェーデンでは「1回」が最多で57.1%。一方で日本は「受けていない」が57.5%と最多に。アメリカ人の4割以上が歯科医を「好きな人」と回答。歯科医を「苦手な人」と回答した人はアメリカ・スウェーデン共4%未満とごく少数派であるのに対し、日本では14.0%存在。


<1.オーラルケアに対する自信、アメリカとスウェーデンでは約8割の人が「自信あり」と回答したのに対し、日本では6割以上が「自信なし」。
デンタルフロスの使用率が50%を超え、複数のアイテムを使い念入りにケアしたい人が約7割と多数派の欧米2カ国に対し、日本はブラッシング単品で手軽に済ませたい傾向。>

@Press

トピックスRSS

ランキング