「治水の最先端現場見学会」「防災クッキング イベント」を3月に荒川知水資料館にて開催!

@Press / 2014年2月19日 11時30分

イベントチラシ
 荒川知水資料館(所在地:東京都北区、運営:国土交通省 荒川下流河川事務所)では、岩渕水門の機能や役割を学ぶとともに、実際の堤防強化対策工事を見学する「治水の最先端現場見学会」、および災害時に身近なものを使って食事を作るための「防災クッキング イベント」をそれぞれ3月1日と3月8日に開催いたします。

 来月には2011年の東日本大震災から3年をむかえます。東日本大震災では多くの方々が、水害の恐ろしさ、そして停電などによる生活の不便さを感じたことだと思います。
 本イベントでは、関東直下型地震等の巨大地震の発生も示唆されているなか、さらなる災害への備えとして、災害時を想定した体験・経験をしていただけます。
 水害対策としての治水事業の現場を理解し、また災害時に備えた体験するという目的で、多くの方々にご参加いただければと思っております。


【治水の最先端見学会】
<日時>
2014年3月1日(土) 13:00~16:40予定
※ご希望の解散場所によって若干解散時間が異なります。

<集合場所>
〒115-0042 東京都北区志茂5-41-1 荒川知水資料館

<定員>
20名

<対象>
中学生以上

<料金>
無料


【防災クッキング イベント】
<日時>
2014年3月8日(土) 10:30~13:30予定

<集合場所>
〒115-0042 東京都北区志茂5-41-1 荒川知水資料館

<定員>
30名

<対象>
どなたでも参加できます

<料金>
無料


【お申し込みについて(両イベント共通)】
<お申し込み方法>
電話もしくはメールにて、住所・氏名・年齢・電話番号をお知らせください。

電話  : 090-1530-2024(担当者直通)
メール : amoa@shopro.co.jp
受付時間: 10:00~17:00(月曜日は休館)

<お申込期間>
2月28日(金)まで


 各イベントの詳細は別紙イベントチラシをご参照ください。

<主催>
国土交通省 関東地方整備局 荒川下流河川事務所

<荒川知水資料館URL>
http://www.ara.go.jp/amoa/index.html

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング