英国のクラフトビール「BrewDog(ブリュードッグ)」のアジア初オフィシャルバーが3月1日に六本木にオープン!

@Press / 2014年2月17日 17時30分

店内(設計時のイメージ)
株式会社ブリュードッグ・ジャパン(所在地:東京都港区 代表取締役:デービッド・クロール)は、英国スコットランドのクラフトビール「BrewDog(ブリュードッグ)」の旗艦店「BrewDog Roppongi」を2014年3月1日(土)に東京・六本木にオープンします。同店はBrewDogの味わいや英国のバーの雰囲気を存分に堪能できる日本第一号店で、アジア初のBrewDogオフィシャルバーとなります。

このたび東京・六本木に世界15店舗目となるBrewDogオフィシャルバー「BrewDog Roppongi」がオープンすることで、英国のBrewDogバーの味や雰囲気を日本でも体感いただけるようになります。いま最も注目を集めるアルコール飲料ジャンルであるクラフトビール。その中でも屈指の人気を誇るBrewDogブランドの公式スポットとして、日本で最もインターナショナルかつ流行の発信地である六本木から、新しいクラフトビールスタイルをご提案します(BrewDogオフィシャルバーについては補足資料(2)を参照)。


■幅広いクラフトビールの品揃えと高いホスピタリティ
「BrewDog Roppongi」では、高いホスピタリティとビールの知識を備えたスタッフが、BrewDogのビール10種(定番6種+随時入れ替わる限定品4種)に加えて世界中から集めたゲストビール10種(日本、英国、アメリカ、イタリア、ニュージーランド、ノルウェー、デンマークなど)、合計20種の樽生ビールを常時ご提供します(他にボトルビールも多数ご用意)。


■内装コンセプト
BrewDogの個性的なブランドイメージを日本でも存分にご体感いただけるよう、店舗の内装をポストインダストリアルスタイルでデザインしました。ヨークシャーの映画館で使用されていたシネマシートの再生品や、ヴィンテージの赤いレザーを用いたチェスターフィールドソファなどをBrewDog UKと同じ英国のサプライヤーから輸入。英国製アンティークレンガを使った7mを超えるバーカウンターも圧巻です。その他、メニューボードには空港のデパーチャーボードの表示方式を取り入れるなど、シンプルながらも随所に趣向を凝らしています。


■店舗概要
正式名称 :BrewDog Roppongi(ブリュードッグ六本木)
住所   :東京都港区六本木5-3-2 齋藤ビル1F
電話番号 :03-6447-4160
営業時間 :月~木 17:00~24:00、金・土・日 11:00~24:00
規模   :64坪・96席
想定客単価:3300円
アクセス :六本木駅(東京メトロ日比谷線/都営地下鉄大江戸線)3番出口・徒歩2分
店内(設計時のイメージ)およびロゴ:
http://www.atpress.ne.jp/releases/43424/img_43424_1.jpg
http://www.atpress.ne.jp/releases/43424/img_43424_2.png
地図:
http://www.atpress.ne.jp/releases/43424/img_43424_3.png

@Press

トピックスRSS

ランキング