Sound Warriorより、超小型ハイレゾ対応コンポ「SW Desktop-Audio」シリーズ 3種を2月下旬に発売!

@Press / 2014年2月19日 10時0分

「SW Desktop-Audio」シリーズ 横
城下工業株式会社(本社:長野県上田市、代表取締役:城下 徹)は自社オーディオブランド“Sound Warrior”から超小型でハイレゾ対応のコンパクトコンポ「SW Desktop-Audioシリーズ」を2月下旬より順次発売します。

商品構成は、今注目のハイレゾ音源(~PCM 192KHz、32bit / DSD64、128)に対応した高機能USB DAC「SWD-DA10」、真空管バッファアンプとD級アンプ(15W×2)のハイブリッドパワーアンプ「SWD-TA10」、アップサンプリング機能や外部クロック同期機能を搭載した高精細CDトランスポート「SWD-CT10」の3機種です。

■商品特徴
<場所をとらない超小型サイズ>
いずれの機種も同型のコンパクトなアルミ筐体(W146×H40×D165mm、突起部含まず)に収められ、PCサイドや書斎の卓上、本棚などに無理なく置ける超小型サイズです。超小型で使い勝手がよい機器とはいえ、このサイズからは想像もできないほどの高精細で深みのある音を追求しています。

<用途に合わせて組み合わせ、デザインの変更も可能>
このシリーズは、ハイレゾオーディオへの入門機として、本格的なデスクトップ・オーディオシステムとして、ハイエンドオーディオへの入口機器としてなど、お客様それぞれの使用用途によって幾つかの組み合わせや、様々なシチュエーションでお使いいただけるよう、それぞれの仕様を吟味しています。
更に、ユーザーサイドで縦置/横置用前面パネル(付属)の付け替えや、ご自身でデザインした前面パネルを装着することもできたりと、遊び心をふんだんに取り入れつつも、高品位な音楽を楽しんでいただけるコンパクトコンポに仕上がっています。


■製品概要
【SWD-CT10】(アップサンプリング機能付CDトランスポート)
出力      :デジタル出力(COAXIAL/OPTICAL)
操作      :<CD操作>
          REW SKIP/SEARCH、STOP/EJECT、PLAY/PAUSE、
          FWD SKIP/SEARCH
         <MODE切替>
          1曲/全曲リピート、ランダム、ランダムリピート、
          モード切
         <サンプルレート切替>
          44.1k、48k、88.2k、96k、176.4k、192kHz
表示      :再生トラック番号表示、再生モード表示、
         サンプルレート表示(外部クロック検出、非検出)他
外部クロック入力:75ΩBNCジャック
         ワードクロック(44.1k~192kHz)
         ~外部クロック同期動作が可能
         (外部クロック同期時の出力サンプリングレートは
          外部クロックと同周波数にて変換)
電源      :DC12V(ACアダプター)
サイズ     :W146mm×H40mm×D165mm(突起物含まず)
価格      :49,000円+消費税(メーカー標準価格)
付属品     :六角レンチ、縦置用パネルシート、ゴム足、取扱説明書

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング