世界と日本の雇用動向と給与水準をレポート ~ロバート・ウォルターズ・ジャパン『グローバル給与調査2014』を発表~

@Press / 2014年2月18日 17時0分

バイリンガルスペシャリスト人材紹介会社、ロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:デイビッド・スワン)は、この度、世界と日本の雇用動向と職種・業種別の給与水準をまとめた『グローバル給与調査2014』を発表しました。


15回目となる本調査は、世界24カ国における「給与水準」や「雇用状況」だけでなく、「経済動向」や「雇用動向の見通し」についても言及しています。職種・業種別の雇用状況の変化や給与水準を、当社が蓄積してきた転職実績をもとに調査・分析しており、長年にわたり企業の採用担当者や転職希望者へのガイドラインとして広く活用されています。


『グローバル給与調査2014』(日本版)のポイント
1. 2013年の振り返り:日本の雇用市場が活発化
・新政権による企業支援政策の打ち出しや景況感の改善により、人員増強に意欲的な企業と転職に前向きな人材が増えた為、採用活動はリーマンショック以前の水準にまで回復しました。
・モバイル、ゲーム、自動車、薬事業界など、主に、企業の業績が好調な分野において採用活動が活発化しました。

2. 2014年の見通し:専門分野に特化したバイリンガルの人材不足
・景況感の改善により、海外進出を進める日系企業や日本市場に参入する外資系企業の増加が見込まれ、高い外国語スキルに加え、経験やスキルを兼ね備えた人材がより一層求められると予測しています。
・2020年の東京オリンピック招致成功も企業の採用活動を進める追い風となり、正社員、契約・派遣社員ともに、さらなる採用人数の増加が見込まれます。

3. 2014年の注目職種と給与水準
・金融業界における経理・財務担当者
国内の金融規制や新たな政策の施行を受け、内部監査スペシャリストへの需要が高まっており、5~7%の昇給が予測されます。
・IT業界における人事担当者
企業が自社の採用チームの強化を図るため、中堅からシニアレベルの人材を採用する傾向にあり、5~7%の昇給が予測されます。
・自動車業界におけるシステムエンジニア
業界全体で採用が活発化する見込みがあり、特に専門技術を有するシステムエンジニアの契約・派遣職は3%の昇給が予測されます。


<ご参考>
■ロバート・ウォルターズ「グローバル給与調査」について
本調査の情報は、当社が行った転職実績から、企業と求職者双方の雇用条件を蓄積し、分析したものです。
本給与調査は国際的に行われ、各国の最新市場情報他、地域を越えた給与比較を掲載しています。
- 世界及び日本におけるバイリンガルスペシャリスト職の給与動向
- 人材紹介および雇用動向の概要
- 人材紹介市場の2014年の展望

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング