民間宇宙開発チーム「ハクト」がGoogle Lunar XPRIZE中間賞にノミネート

@Press / 2014年2月20日 12時0分

ハクト デュアルローバー
民間企業による月面探査を競う国際宇宙開発レース「Google Lunar XPRIZE」に日本から唯一参加するチーム「ハクト」(運営:株式会社ispace)が、2014年2月19日(太平洋標準時)、Google Lunar XPRIZEが設ける中間賞の書類審査を通過し、モビリティサブシステム中間賞(走行系)にノミネートされたことが、発表されました。

<ハクト デュアルローバー>
http://www.atpress.ne.jp/releases/43493/img_43493_1.jpg


■中間賞について
2013年11月にXPRIZE財団とGoogleが発表した中間賞は、順調に開発を進めているチームを経済的にサポートし、更なる投資や認知を上げることを目的としています。そのために、月面ミッション達成で授与される総額3,000万ドルの賞金に加え、総額1,000万ドルを新たに中間賞として設定しています。
http://www.googlelunarxprize.org/blog/making-milestones-moon


現在、公表された中間賞は下記の3つの賞からなる総額600万ドル分です。それぞれ月面ミッションには不可欠な要素技術であり、2014年9月末までに、Flight-Ready、すなわち実際に打上げ可能であることを検証できたチームに賞金が与えられます。

1 イメージングサブシステム中間賞(画像処理系)《4チームまで》:250,000ドル/チーム
2 モビリティサブシステム中間賞(走行系)《4チームまで》:500,000ドル/チーム
3 ランダーシステム中間賞(着陸船)《3チームまで》:1,000,000ドル/チーム

Google Lunar XPRIZE登録チームにのみエントリー資格があり、各チームが中間賞用の応募書類を2013年11月14日(太平洋標準時)までにXPRIZE財団に提出し中間賞へのエントリーをしました。その後、専門家で構成されるGoogle Lunar XPRIZEの審判団が実現性の高さを応募書類で審査し、上記各賞のノミネートチームが選定され、2014年2月19日(太平洋標準時)にXPRIZE財団より公表されました。ノミネートチームは、応募書類で提示した開発計画を2014年の9月末までに達成した場合、中間賞を受賞する事ができます。


■中間賞獲得に向けた計画について
1.開発するローバー
ハクトでは、今まで開発を進めてきた4輪タイプのローバーと対向2輪タイプのローバーの2タイプを組み合わせた新しいコンセプトの「デュアルローバー」の開発をおこない、中間賞の獲得を目指します。

@Press

トピックスRSS

ランキング