ソリトン、情報資産アクセス管理基盤ソフト「Soliton ID Manager」の新版をリリース

@Press / 2014年2月24日 17時0分

株式会社ソリトンシステムズ(本社:東京都新宿区、代表:鎌田 信夫、以下 ソリトン)は、企業内の情報資産へのアクセス管理の可視化と自動化を実現する、情報資産アクセス管理基盤ソフト「Soliton ID Manager」の新バージョンV2.0を2月24日より販売開始します。


スマートデバイスやクラウドコンピューティングサービスを企業の業務に導入する動きが加速し、いつでもどこからでも社内の情報にアクセスできる環境が整う一方、管理は複雑化し、情報漏洩のリスクも高まっています。重要な情報資産を守るために、確実なID管理と、適切な権限で利用することが不可欠で、認証基盤の整備や再構築が求められています。ソリトンの「Soliton ID Manager」は、効率的なID管理とアクセス管理を提供する基盤ソフトウェアです。


■V2.0で拡張された主な機能
1) 情報資産アクセス管理
企業内の情報資産に着目し、IDそのものの管理に加え、そのIDで「誰が・どのシステムを・どのくらいの期間・誰の承認により・どのような権限で・使えるようにするか」について、現在の状態だけでなく、過去の履歴をも含め、一元管理(情報資産アクセス管理)を実現します。

2) ルールベース及び申請承認ベースのアクセス権自動付与機能
ルールベース及び申請承認ベース、2種類のアクセス権自動付与が可能になりました。ルールベースとは、部署や役職、職務などに基づいたルールで適用できる基本的な情報資産へのアクセス権自動付与機能です。申請承認ベースとは、ルール適用が難しく手動で対応せざるを得ない、個別のプロジェクトなどの資産へのアクセス権を、申請承認経由での自動付与を実現する機能です。個別の資産管理者に利用メンバーとアクセス権管理を委譲する運用も可能で、企業のニーズにあわせ、柔軟に組み合わせて、自動化、低コスト化が図れます。

3) 組織改編への対応
組織改編時に伴うアクセス権設定は、従来、事前準備が難しく、システム管理者の悩みの種となっていました。今回、未来予約機能によって、部署や役職等に基づいたアクセス権ルールを事前に設定しておき、指定日に自動的に新しい組織に対応することが可能になりました。限られた人員でも、常に最適なアクセス権付与状態を維持することができます。移行前の権限についても、引き継ぎ期間として一定期間保持させる運用が可能です。

Soliton ID Managerは、1,000人規模の企業で、年間1,000万円のコスト削減効果が期待でき、企業競争力の向上に寄与します。(ソリトン独自試算)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング