NPO法人Inseki Projectが、福島県南相馬市と相馬市の児童のために、2月26日~28日に演劇を上演

@Press / 2014年2月24日 10時30分

過去の舞台写真1
NPO法人Inseki Project(所在地:東京都新宿区、理事長:布宮 和明)は、東日本大震災と福島第一原発事故により多大な被害を受けた、福島県南相馬市および相馬市内にて、2月26日~28日に演劇上演を実施いたします。

これまで、宮城県にて復興応援のための演劇上演を実施してきたNPO法人Inseki Projectは、2013年度より、新たに「PLAY FOR FUKUSHIMA」と題して、福島県での演劇上演ツアープロジェクトを発足させました。
福島第一原発からの距離20kmの境を市内に擁し、警戒区域を多く含む南相馬市、各警戒区域から避難された方も多く住む相馬市。どちらも、地震の被害、津波の被害、原発事故による様々な被害…と複合的な被害を受け、今も住民の皆さんは、多くの課題・問題を抱えておられます。

今回は、相馬市の3つの保育園と児童センター、南相馬市の保育園にて、上演いたしますが、複雑な状況下にある大人達の中で暮らす子供たちに、わくわくドキドキする心おどる時間と、夢と希望がつまった楽しい作品を届けたいと、作品創りに努力を重ねているところです。

上演作品は、今回のプロジェクトのために新たに創作した、NPO法人Inseki Projectのオリジナル作品『ゆめレンジャー』です。
宮城県での3回の演劇上演時と同様、ラストシーンには児童の特別参加シーンがあり、今回は、さらに会場の子ども達全員を巻き込む仕掛けとなっています。
現在、児童達の心に残る楽しい時間を提供できるよう、心を込めて活動を展開しております。

過去の舞台写真1
http://www.atpress.ne.jp/releases/43569/img_43569_1.jpg
過去の舞台写真2
http://www.atpress.ne.jp/releases/43569/img_43569_2.jpg
過去の舞台写真3
https://www.atpress.ne.jp/releases/43569/img_43569_3.jpg
過去の舞台における観客の子ども達が参加するラストシーン
http://www.atpress.ne.jp/releases/43569/img_43569_4.jpg


<公演概要>
[日程]
2014年2月26日(水)~28日(金)

[場所]
福島県相馬市相馬保育園(2月26日 10:00-11:00)、相馬市中央児童センター(2月26日 15:00-16:00)、南相馬市原町聖愛保育園(2月27日 10:00-11:00)、相馬市みなと保育園(2月28日 10:00-11:00)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング