三七人参サポニンが気軽に摂れるサプリ「みらい爽爽」新発売 高麗人参の20倍以上のサポニンを含有

@Press / 2014年3月12日 15時0分

みらい爽爽
三和インターナショナル株式会社(本社:神奈川県横浜市中区、代表取締役:志賀 正嗣)は、今もっとも注目されている2つの成分「三七人参サポニン」と「セサミン」を配合した健康サプリ『みらい爽爽』を発売しました。

「みらい爽爽」
http://www.sanwainc.com/html/page4.html

「みらい爽爽」は、血液と血管の浄化をサポートして、豊かな生活をおくるための漢方サプリです。


【「みらい爽爽」開発の背景】
みらい爽爽に含まれる三七人参サポニンの含有量は、高麗人参の20倍以上、普通の三七人参粉末より10倍以上も高く、現在でも中国では肝臓や血液改善の特効薬として使用されています。一方、日本市場における三七人参サポニンの普及状況をみてみると、供給量そのものが少ないため認知度が低く、更に価格も普通の三七人参粉末の10倍以上となるため、なかなか一般の消費者の手には届かないのが現状でした。
長年三七人参に携わってきた企業として、また日本最大級の原料メーカーとして、消費者に広く三七人参サポニンの効果を知って頂くのが当社の使命と考え、サプリメントの開発に着手。安心、安全、高品質な商品の開発に力を入れ、且つ相場の半値以下の価格の実現にむけ現地と交渉、1年の時間を費やし商品化に成功、「みらい爽爽」の誕生に至りました。

<三七(田七)人参とは>
2億数千年前から存在する「最古の人参」とされており、別名「金不換(きんふかん:お金にもかえられないもの)」とも呼ばれている生薬です。中国雲南省文山州の海抜1,500~1,800mの山岳地帯で栽培され、近年その驚異的な薬効が、世界の医学会から注目されています。


【「みらい爽爽」の特長】
1.三七人参の主成分「サポニン」
サポニンには身体を元気にする32もの要素がギッシリとつまっており、中国で肝臓や血液改善の特効薬として使われています、みらい爽爽には通常の三七(田七)人参粉末の10倍以上のサポニンが含まれています。

2.若々しさに役立つと話題の健康成分「セサミン」で相乗効果
高品質なスリランカの有機栽培セサミを低温15度生搾りしたセサミオイルを使用。抗酸化の高い物質が生きたまま豊富に含まれています。

3.幻の天然バンバラ蜂蜜も配合
バンバラ蜂というスリランカの山岳部にしか生息していない、体長が2cmにもなる大型の野生蜜蜂の巣から採取されるハチミツは、純度が高く、その薬効成分は、世界から注目を集めています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング