A'ZUMA、訪問看護事業に新規参入 本年3月1日に三鷹市内で開設

@Press / 2014年2月25日 13時30分

訪問看護事業ロゴ
葬祭業・民間救急サービスの株式会社A'ZUMA(本社:東京都三鷹市、代表取締役社長:荒井 昭博、URL: http://www.azuma-group.co.jp/ 、以下 A'ZUMA)は、この度、訪問看護事業に新規参入します。「アズマ訪問看護ステーション三鷹」として2014年3月1日に三鷹市内で開設し、同年4月1日より本格稼働します。A'ZUMAは、創業50年を迎える2017年に向けて、葬祭業を主要事業とする現在の事業構造を変革し、「トータルライフサポート企業」へと舵を切ります。


【潜在看護職員の発掘、女性の雇用創出をテーマに訪問看護のメガステーションをめざす】
各種報道によると、看護職免許を取得しながら就業していない潜在化した看護人材(以下 潜在看護職員)は、2010年度末発表の推計で約71万人と、看護職員の3割を超えているといわれています。安倍政権では女性の雇用創出や活躍を成長戦略の一環として重視していますが、雇用の現場では浸透しきれていません。
A'ZUMAは、自社運営の斎場「三鷹.市民斎場」(所在地:三鷹市中原)の一部を改装し、「アズマ訪問看護ステーション三鷹」として、2014年3月1日に開設します。現在従業員32名のうち男性が7割を占めるなか、保育室の併設も視野に潜在看護職員の発掘などによる女性の雇用創出を企図し、従業員における女性比率を1年後に5割まで高める計画です。
事業開始当初はパートを含めた看護師4名、事業部管理者1名で始め、年内には10名の看護師体制まで拡充する予定です。理学療法士(PT)、作業療法士(OT)の採用も視野に入れています。

■アズマ訪問看護ステーション三鷹について
・事業所名  :アズマ訪問看護ステーション三鷹
・所在地   :東京都三鷹市中原3-1-65
・事業開始予定:事業申請受付済。
        事業所開設は2014年3月1日。本格稼働は同年4月1日。
・事業規模  :当初はパート含めた看護師4名、事業部管理者1名。
・事業目標  :年内に看護師10名まで拡大予定。
        ほかに理学療法士(PT)・作業療法士(OT)を採用予定。

将来的には、リハビリテーションも対応できるステーションをめざし、3年で看護師20名、理学療法士、作業療法士、ケアマネジャーを有するメガステーションへの成長を目標としています。


【生活者の“生命(いのち)”に寄り添い、支援する「トータルライフサポート企業」へと事業構造を変革】
A'ZUMAは、東京都三鷹市において葬祭業で47年、民間救急事業で35年の実績を積み、昨年夏には新たに福祉(介護)タクシー事業を開始しました。その他、グループ企業では、2009年から遺族のグリーフケア(悲嘆回復)と仏具などの物販を行っています。地域社会のニーズに応え、生活を支える事業に取り組むなか、乳幼児から高齢者まで訪問看護の需要があることに着目し、訪問看護事業への参入を決定しました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング