太陽光発電用接続箱“SOLAR BOX”DC1000Vタイプ新発売

@Press / 2014年2月25日 9時30分

“SOLAR BOX 1000”画像
株式会社ヒロセー(代表取締役社長:沖元 勝一)は、太陽光発電所向けに発売しておりました接続箱“SOLAR BOX”に、新製品“DC1000V”対応品をリリースしました。従来モデルのDC600V品をベースにより安全性を追求した製品です。

高圧盤とメガソーラー発電所向けのパワーコンディショナを組み合わせたパッケージシステム“SOLAR SPEC”をはじめ、遠隔監視装置“SOLAR WATCH”やストリング監視装置“SOLAR LOOK”等、太陽光発電所の設備一式が揃う充実のラインナップで様々なご提案ができると考えておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

“SOLAR BOX”
http://hirosee.co.jp/products/solar_box.php


■“SOLAR BOX 1000”の特徴
1.業界初の上下開閉器式扉を採用
業界初の上下開閉器式扉を採用し、扉を開いても雨水が入りにくい構造としています。

2.専用キーで簡単に開閉可能なキャッチクリップ方式を採用
開閉についても一般的な扉ハンドルタイプでは無く、キャッチクリップ方式を採用し、専用キーで簡単に開閉可能です。また、扉ストッパーを設けており、扉を開いた時の固定も可能で、閉める動作も片手で可能です。

3.持ち運びに便利な取手付
持ち運びに便利な取手付で、取手は背面への取付金具兼用としています。

4.水が溜まった場合にも掃き出し易いフラット構造
接続箱の床面をフラットな構造としており、掃除や水が溜まった場合にも掃き出し易い構造です。

5.パネル側の入力開閉器はスイッチを採用し安全に配慮

6.入力回路数は最大10回路まで対応

<サイズ>
幅700mm×高さ400mm×奥行250mm

<製品仕様>
開放電圧 :DC1000V
主幹MCCB :125AF/125AT
定格電流 :1回路あたり10A
入力回路数:4~10回路
サージ対策:SPDクラスII標準装備


■“SOLAR BOX 1000”画像
http://www.atpress.ne.jp/releases/43605/img_43605_1.jpg
※特許出願中


ヒロセーは、2014年2月26日~28日に東京ビッグサイトで開催されます第4回[国際]スマートグリッドEXPO( http://www.smartgridexpo.jp/ )に出展致します。(ブースE4-1)
DC1000V時代の幕開けとして、“SOLAR BOX 1000”の他、“SOLAR SPEC”HPC630の実機展示や“SOLAR WATCH”、“SOLAR LOOK”も展示し、プレゼンを実施致します。


■会社概要
社名  : 株式会社ヒロセー
代表者 : 代表取締役社長 沖元 勝一
所在地 : 本社   〒769-1102 香川県三豊市詫間町松崎2790番地4
      東京支社 〒104-0032 東京都中央区八丁堀4丁目13-4(SKビル5階)
資本金 : 2,000万円
営業種目: 33kV以下特高盤 設計・製作
      高圧受変電用配電盤 設計・製作
      低圧パワーセンター配電盤 設計・製作
      監視盤 設計・製作
      太陽光発電システム 設計・施工
URL   : http://www.hirosee.jp/

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング