【アスプローバサミット2014開催報告】SCM/生産計画の最新事例講演に300名が来場 14カ国語に対応、全世界のサポート体制を発表

@Press / 2014年2月25日 11時0分

アスプローバサミット2014での講演
SCM/生産スケジューラシステム「Asprova(アスプローバ)」の開発・販売を展開するアスプローバ株式会社(本社:東京都品川区、代表:代表取締役社長 高橋 邦芳)は、創立20周年記念事業の一環として「アスプローバサミット2014」を2月7日(金)に東京駅前の丸ビルホールにて開催致しました。講演では、日本の製造業の更なるグローバル競争力強化へ向けて医薬・自動車・化学・文具の各製造業を代表する企業からSCM/生産計画の最新事例を発表頂きました。また、Asprovaの14カ国語対応や全世界のサポート体制など世界展開アプローチの現状をお伝えいたしました。ご来場いただいた約300名の製造業関係者の方々には、ITがいかに世界を身近なものにしているのかを実感し、グローバル展開、経営戦略や生産計画へのヒントを掴んで頂けた1日となりました。

※SCM=サプライチェーン・マネジメント(材料・部品の供給から加工・製造・流通を経て顧客へ引渡すまでの、物の流れ・加工プロセスの連鎖を管理する、の意)


(写真)
アスプローバサミット2014での講演風景
http://www.atpress.ne.jp/releases/43618/img_43618_1.jpg
20周年記念パーティの風景
http://www.atpress.ne.jp/releases/43618/img_43618_2.jpg


■グローバル競争力強化へ向けて、最新事例を数多くご紹介
「アスプローバサミット2014」では以下の皆様より、製造業の更なるグローバル競争力強化に向けてのSCMや生産計画のグローバル展開やERP連携、時間単位生産計画などの最新導入事例が発表されました。

●株式会社ツムラ 情報技術部 シニアマネージャー 佐藤 秀男氏
「漢方薬トップシェアのツムラにおける計画主導SCMシステム事例」
―事業計画とサプライチェーン計画の連動による
 事業活動の全体最適化をめざして―

●ベバストジャパン株式会社 e-ソリューションGr. 真鍋 伸嘉氏
 株式会社アイ・ソリューション 取締役会長 藤原 啓一氏
「日単位計画から時間単位計画移行によるムダ徹底排除」
―1日複数回の部品納入と製品出荷による倉庫在庫の削減
 および部品調達、生産、製品出荷の最大効率化―

●ぺんてる株式会社 前経営戦略室 次長 石井 文夫氏
「グローバルの生産管理システム調査とスケジューラ海外展開」
―生産計画機能の強化、メキシコ工場への適用とグローバルSCM構築―

@Press

トピックスRSS

ランキング