東芝とNTTコミュニケーションズのグローバルクラウド事業における協力関係の構築について

@Press / 2014年2月25日 12時30分

 株式会社東芝(本社:東京都港区、代表執行役社長:田中 久雄、以下:東芝)とNTTコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:有馬 彰、以下:NTT Com)は、ビッグデータ時代の顧客ニーズに対応するため、グローバルクラウド事業において協業し、双方の事業強化を図ります。

 東芝はこれまで、国内企業を中心にデータセンターサービスやクラウドコンピューティングサービスを提供しています。今回、世界150拠点以上のデータセンターと、196カ国・地域をカバーするネットワークに直結する「Bizホスティング Enterprise Cloud」(*)を展開するNTT Comと協業することで、グローバルに事業を展開する企業へのサービス提供が可能となります。これにより、顧客企業が海外で新規事業を立ち上げた際にも、本サービスを通じて世界中のどこからでも共通のクラウド・ネットワーク環境を利用し、東芝が展開するサービスを活用することができます。既に東芝ではグループ内で本サービスの試行導入を開始しており、2014年4月から北米・アジアを皮切りに社外にも提供する計画で、今後欧州地域にも展開していきます。

 NTT Comは、「Bizホスティング Enterprise Cloud」の一部に東芝製ストレージシステムを既に導入し、高性能・高品質を求めるストレージサービスを実現しました。今後もクラウドサービス強化に向け、東芝のストレージ新技術やストレージサービスの活用を進めていきます。幅広い事業をグローバルに展開する東芝と協力し、クラウド事業の拡大を図っていきます。

 東芝とNTT Comは、今後も、互いの持つ技術やサービスを活用し、ビッグデータ時代を支えるグローバルクラウド事業の強化に向けた取り組みを推進していきます。


(*) NTT Comが法人のお客さまむけに提供するクラウドサービス。世界8カ国10拠点に展開するサーバー基盤を、経営状況にあわせてカスタマーポータルから自由在にコントロールできる、通信キャリアのネットワークサービスとも直結した高品質かつセキュアな企業向けIaaS(Infrastructure as a Service)。
http://www.ntt.com/bhec/

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング