MKIの太陽光発電監視サービス、関西国際空港内に設置されたメガソーラーに導入

@Press / 2014年2月27日 14時0分

KIXメガソーラー
三井情報株式会社(本社:東京都港区、社長:齋藤 正記、以下 MKI)は、関西国際空港内に建設され2014年2月1日より運用を開始した「KIXメガソーラー」に、MKIの太陽光発電監視サービスが導入されたことを発表します。「KIXメガソーラー」は、約1万1,600キロワットの発電容量を誇り、空港に設置された太陽光発電所としてはアジア最大級となります。

MKIの太陽光発電監視サービスは、太陽光発電設備を遠隔監視するクラウドサービスです。本サービスで使用している、SCADA(※1)を用いた自社開発の「監視・制御ソフトウェア」は、大規模発電所での利用を想定して設計しており、KIXメガソーラーにおいても確実なリアルタイム監視を実現しています。また、MKIのデータセンターを使用することにより、長期運用における安全なデータ保管が可能なほか、クラウドサービスでの提供による維持管理コストの低減も可能です。
本サービスの特長として、発電事業者に向けては管理画面での収益バランスの確認、メンテナンス事業者に向けては日々のオペレーション負荷を軽減する柔軟なレポート作成機能等、太陽光発電事業に関わる様々な事業者にとって有益な機能が含まれており、KIXメガソーラーでの採用にあたっても、これらの機能が評価されました。

本サービスは、顧客共通のニーズに応じた機能拡充を随時行っており、今年3月には、遠隔操作機能の強化等の機能追加を予定しています。MKIは今後も本サービスの改修・改善を継続し、利便性・効率性の高いサービスを提供していきます。

(※1)SCADA:Supervisory Control And Data Acquisitionの略。生産工程やインフラ設備で用いられる制御システムの一種。


【製品ページ】
MKI 太陽光発電監視サービス
http://www.mki.co.jp/biz/solution/green/solar_power_monitoring/index.html


【三井情報株式会社について】
三井情報株式会社(MKI)は、お客様のICT(Information and Communication Technology)基盤の構築・運用を通じて、お客様の情報コミュニケーションを支えています。ICTインフラストラクチャからアプリケーションにわたり、コンサルティングから設計・構築、運用・保守サポート、データセンターを活用したサービス等をワンストップでご提供します。MKIは、自らの技術力を駆使した新たなビジネスの創出と、顧客への価値提供に絶え間なく挑戦し続ける企業グループを目指します。
ホームページ: http://www.mki.co.jp/


※三井情報、MKI及びロゴは三井情報株式会社の商標または登録商標です。
※本リリースに記載されているその他の社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング