2014年度にVeeva Systemsのライフサイエンス業界向けクラウドベースソリューションへの投資を計画する業界大手企業が増加

@Press / 2014年2月28日 12時0分

Veeva Systems(本社:カリフォルニア州 プレザントン、日本法人本社:東京都渋谷区、日本法人代表取締役:岡村 崇、以下 Veeva)は、IDC Health Insights社が発表した「Leading Indicators in Life Science IT Spending Survey(ライフサイエンス業界IT支出調査先行指標)(※1)」において、2年連続でライフサイエンス業界大手企業が選ぶ、最優秀ソフトウェアプロバイダーの1社に名を連ねました。2014年度の報告書(※2)によると、昨年度よりも順位が上がったソフトウェアプロバイダーはVeevaのみで、昨年度の第8位から今年度は第4位となっています。(本リリースは、2月20日にVeeva米国本社が発表した報道資料の抄訳です)

Veevaは、唯一のライフサイエンス企業向けクラウドベンダーとして、ライフサイエンス企業が、より迅速により効率良く医薬品を市場に導入、収益を最大化し、政府規制を順守するという戦略的最重要目標を達成できるよう設計されたクラウドベースのソフトウェアソリューションを提供しています。

この業界全体を対象とした調査結果は、IDC Health Insights社が実施したIDC MarketScapeに基づいています。同社の「Worldwide Life Science CRM Software 2013 Vendor Assessment(世界ライフサイエンス向けCRMソフトウェア2013年ベンダー評価)(※3)」において、Veevaは、ライフサイエンス向けCRMソリューションプロバイダーのリーダーとして位置づけられました。(※4)この中で、Veeva CRMのユーザーインターフェイスと使いやすさ、そして幅広い機能は「業界トップクラス」と評価されています。

さらにIDC MarketScapeの報告書では次のように述べられています。「Veevaは、ライフサイエンス業界に特化しているため、マーケットの要求と必要性についての同社の理解は群を抜いています。Veevaの顧客も同様の意見であるとみえ、マーケットに関する同社の専門知識に非常に高い点を付けています」

コマーシャルからクリニカルに至るまで、ライフサイエンス企業はVeevaのクラウドベースのテクノロジーソリューションに対し信頼を深めています。Veeva CRM、Veeva NetworkおよびVeeva Vaultを含むVeeva Commercial Suiteは、顧客についての完全かつ最新の考察の作成、法令に準拠したコンテンツの開発と管理、そしてさまざまなコミュニケーションチャネルでの顧客対応に向けてライフサイエンス企業を支援するべく設計されています。Veeva Development Suiteのコンテンツ管理アプリケーションは、複雑な文書プロセスにおける比類のない可視性と管理機能をライフサイエンス企業に提供します。ビジネスアプリケーションを臨床試験文書、申請文書および品質文書と結びつけることにより、企業の業務効率を改善すると同時に、世界規模の協働とコンプライアンス強化を支援します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング