コダック&ソフトブレーングループ、印刷会社の営業力強化支援プログラム「売れる印刷営業の仕組みづくり大学」を開校~お客様のニーズに応え0期を4月に開催~

@Press / 2014年2月27日 15時0分

開催スケジュール
 コダック合同会社(本社/東京都千代田区、代表執行役員社長 藤原 浩、以下 コダック)と営業支援システムやコンサルティング、教育などのサービスを幅広く展開しているソフトブレーン株式会社(本社/東京都中央区、代表取締役社長 豊田 浩文、東証1部上場 4779、以下 ソフトブレーン)は、昨年2013年12月に印刷業界の営業改革・営業力強化を支援していくため協業を発表いたしました。今回はその具体的な提携の第一弾として、コダックとソフトブレーン・サービス株式会社(本社/東京都中央区 代表取締役社長 野部 剛)は、印刷会社の営業力強化支援プログラムとして「売れる印刷営業の仕組みづくり大学」を共催し、2014年9月より開校します。
 先行してご案内したお客様から、すぐにでも参加したいという要望が多数あがったため、9月開校に先駆けて、2014年4月より0期生向けの特別プログラムを開校することを決定し、意欲的なお客様から早速お申し込みをいただいております。

 印刷業界は、消費の多様化による多品種小ロット化、さらには厳しい価格競争といった急激な構造変化に直面しています。折込、DM、POPなどのプロモーションメディア広告市場は、2005年に2兆6,563億円の規模がありましたが2013年には2兆1,446億円へと縮小しました。一方でインターネットは、2005年は3,777億円の規模でしたが、2013年には9,381億円に成長しており、約5,000億円以上が紙からインターネットにシフトしている状況です。(出典:2013年日本の広告費 電通 http://www.dentsu.co.jp/news/release/2014/pdf/2014014-0220.pdf )

 こうした変化のなかで印刷業界が成長を続けるためには、印刷品質の改善やコストの削減のみでは不十分です。印刷会社の営業が、お客様のニーズを的確に理解し、経営課題を解決するソリューションを提案する、マーケティング戦略に基づいた提案型営業スタイルへと移行することが不可欠になってきています。
 コダックでは、印刷会社が抱えるこうした営業面での課題の解決を強力に支援するため、企業の営業改革支援で豊富な実績を有するソフトブレーングループと提携し、「売れる印刷営業の仕組みづくり大学」を共催いたします。

 「売れる印刷営業の仕組みづくり大学」は、営業マネージャーの役割である「結果の最大化」に必要な「プロセスマネジメント」「マーケティング」「ソリューションセールス(課題解決型営業)」という3つの仕組みと、印刷業界で必要な営業力が学べる実践的なビジネススクールです。延べ2,500社にも及ぶソフトブレーングループの営業コンサルティング実績の中で、業種業界を問わず特に効果的なものをカリキュラムとして提供している「プロセスマネジメント大学※」をベースに、コダックが持つ印刷営業に関する豊富な知見を統合して、印刷業界向けに特別にパッケージ化したものです。

@Press

トピックスRSS

ランキング