【生活トレンド研究所レポート2014 vol.3】「お酒と世代間コミュニケーションギャップ」に関する調査を実施 ~20代女性の6割近くが「お酒好き」と回答、20代男性よりも1割多い結果に~ ~職場でのコミュニケーション量が多いと感じている人ほど「上司や部下と飲みたい」し「自ら誘う」~

@Press / 2014年2月27日 15時0分

グラフ1
株式会社オールアバウト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:江幡 哲也)が運営する「生活トレンド研究所」は、2014年第3弾のレポートとして「お酒と世代間コミュニケーションギャップ」に関するアンケート調査を実施しました。
もうすぐ新年度が始まり、新卒社員の入社や部員の異動などでの歓送迎会が多くなります。最近は“若者の酒離れ”といわれて久しく、上司が若手社員を飲み会に誘っても「残業代は出るのですか?」と聞かれるなどといったケースもあるそうです。そこで「生活トレンド研究所」では、各世代における“お酒”の嗜好傾向や、双方のコミュニケーションにギャップがあるかどうかを探りました。調査期間は2014年2月17日(月)~2014年2月20日(木)、1都3県在住の20~59歳男女計888名から有効回答を得ました。

■「生活トレンド研究所」のURL: http://allabout.co.jp/trend_lab/


【調査のポイント】
「日本酒・焼酎」ガイド 友田 晶子氏
(1) 若い女性は男性よりも「お酒」好き!6割近くが「お酒が好き」と回答

「想像通りの結果。最近の若い男性は特にお酒を飲まないという傾向が如実に表れたのだと思います。20代の若い女性については、元々好奇心旺盛で何でもトライしてみようというアグレッシブな傾向などが要因ではないでしょうか」(友田氏)

(2) 50代男性の54%が1週間に1回以上、「一人で飲む」

「50代は、基本的にお酒の消費量が多い世代。それに加え、景気低迷の世の中でも無駄遣いせずに可能な予算内でお酒を楽しむ方法としてここ数年のトレンドでもある“一人飲み”の頻度が高く出たのだと推察します」(友田氏)

(3) 普段から飲まれているのは「ビール」と「ワイン」
  一方で、“ビール=太りやすい”、“日本酒=悪酔い”といった誤解も

「それぞれのお酒に対する認識が間違っています。ビールそのものでは太りません。一緒に食べるおつまみで揚げ物を食べるので、太りやすくなってしまうのです」(友田氏)

(4) ここ3年で、20代は飲み会が「増え」、50代は「減った」

「最近ではコンビニやスーパーで買えるお酒も充実してきたので、飲み会に行かなくても家飲みで楽しめるようになりました。遅い時間に仕事を終えて、コンビニで好きなお酒を買って帰って、飲んで、寝る。といった生活パターンの人が多いのでは」(友田氏)

@Press

トピックスRSS

ランキング