~日本酒(紙パック)の13年12月~14年1月購入理由~日本酒のブランド別ランキングトップは「月桂冠 つき」

@Press / 2014年2月26日 16時0分

レシートシェアランキング/購入経験率
フィールドマーケティング支援サービスを提供するソフトブレーン・フィールド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:木名瀬博)は、株式会社クレディセゾンとの共同事業である購買理由データ提供サービスのデータをもとに「日本酒(紙パック)」の購入理由を分析しましたので報告致します。

本リリースでの分析レポートの対象期間は、年末年始を2013年12月2日~2014年1月5日の5週間。全国の消費者から報告された888レシートデータを基に分析しました。

◆ヘビーユーザーの支持率は「北関酒造 原酒 ふなしぼり ヨイトマケ」がトップ

http://www.atpress.ne.jp/releases/43734/img_43734_1.jpg

日本酒(紙パック)カテゴリーの期間中における購入は888レシートとなりました。

購入商品のシェアをブランドごとに見ていくと、1位は「その他」が14.9%、2位は「月桂冠 つき」が9.6%、3位「白鶴 まる」が7.0%、4位は「清洲桜醸造 鬼ころし」が5.7%、5位は「宝酒造 松竹梅 天」が5.5となり、ブランド別では「月桂冠 つき」がトップとなりました。

上位10ブランドを、初めて購入した「トライアルユーザー」、過去に何度か購入したことのある「ライトユーザー」、毎回購入している「ヘビーユーザー」に分類して、購入比率を見たところ、ヘビーユーザーに最も支持されているのは「北関酒造 原酒 ふなしぼり ヨイトマケ」で購入者の43.5%がヘビーユーザー、次点が「月桂冠 つき」で32.9%でした。

◆トライアルユーザーの店頭購入決定率が高いのは1位「その他」、2位「清洲桜醸造 鬼ころし」

http://www.atpress.ne.jp/releases/43734/img_43734_2.jpg

その他を含む上位5ブランドについて、購入経験ごとに実際に購入した商品の購入決定タイミング(店に入る前からそのブランドの購入を決めていた、店に入る前から複数の購入候補があり、店頭で決めた、購入予定なく、店頭で見て購入を決めた)を確認したところ、トライアルユーザー、ライトユーザーでは、「店に入る前から複数の購入候補があり、店頭で決めた」が最も高い数字となりました。

異常値がでたのは「月桂冠 つき」のライトユーザーで、「店に入る前からそのブランドの購入を決めていた」と回答した方が25.9%で、「店に入る前から複数の購入候補があり、店頭で決めた」の23.5%を上回りました。

@Press

トピックスRSS

ランキング