ロバート・シラー氏(イェール大学教授、2013年ノーベル経済学賞受賞者)来日記念講演会にて名古屋商科大学大学院 教授 岩澤 誠一郎氏が対談

@Press / 2014年3月4日 15時30分

ロバート・シラー氏 イェール大学教授
名古屋商科大学大学院は、本学教授の岩澤 誠一郎氏(行動経済学)が2014年3月、東京・名古屋にてイェール大学教授で2013年ノーベル経済学賞受賞者のロバート・シラー氏と対談することをお知らせいたします。

シラー氏は、金融経済学および行動経済学の専門家であり、資産価格に関する実証的な分析が評価され、2013年にはノーベル経済学賞を受賞するなど、世界的にも注目される著名な経済学者です。
本イベントの第一部で、シラー氏より研究内容の一角が、名古屋商科大学大学院 教授 岩澤 誠一郎氏およびみずほ証券のシニアエコノミストとの対談を通じて紹介される予定です。


【講演会 概要】
来日記念講演会:「株式の適切な資産価格を見出す~シラー教授の視点」
プログラム  :第一部テーマ:『マーケットは完全ではない』(同時通訳)

■東京
日時 :2014年3月12日(水) 18:30~19:30
会場 :グランドハイアット東京3F グランドボールルーム
参加費:不要

■名古屋
日時 :2014年3月11日(火) 18:30~19:30
会場 :ウェスティンナゴヤキャッスル2F 天守の間
参加費:不要

全プログラム詳細・お申込みについては、主催するみずほ証券の下記URLへ
https://www.mizuho-sc.com/service/seminar_professor_robert_shiller_1403.html


【講師プロフィール】
■ロバート・シラー氏
イェール大学教授(金融経済学・行動経済学)
米国住宅市場のセンチメントを表すベンチマークとして広く認知される「S&Pケース・シラー住宅価格指数」の開発者の一人であり、「CAPEレシオ」を土台として、ベストセラー『投機バブル 根拠なき熱狂 アメリカ株式市場、暴落の必然』(2000年)において米国ITバブルの崩壊を、『同・第2版』(2005年)においてサブプライム危機の到来を予見。2013年ノーベル経済学賞受賞。

■岩澤 誠一郎氏
名古屋商科大学大学院 教授(行動経済学・行動ファイナンス)
MBA(ボストン大学)、Ph.D.(経済学、ハーバード大学)。野村総合研究所、金融研究所投資技術研究部(現金融工学研究センター)を経て、野村證券で証券アナリスト、数量分析アナリスト、日本株ストラテジストを歴任。
明治大学グローバルビジネス研究科、早稲田大学ビジネススクール、京都大学経営管理大学院、早稲田大学商学部にて行動ファイナンス、コーポレート・ファイナンス、企業評価論の教鞭を執った経験を持つ。


【名古屋商科大学大学院】
1990年に設立され、土日のみでMBAが取得できるプログラムをはじめ、英語のみでMBAを取得可能なプログラム、若手起業家を育成するイノベーションプログラム、税理士養成プログラムなど、社会人を対象とした実践的な教育を展開。国内ビジネススクールとして複数の国際認証を初取得した質の高いプログラムを、東京、大阪、名古屋の三拠点で実施。さらに、2014年11月には名古屋丸の内新キャンパスに移転予定。
http://mba.nucba.ac.jp/

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

岩澤 誠一郎氏 名古屋商科大学大学院教授

@Press

トピックスRSS

ランキング