GfK Japan調べ:玩具購入や子どもの生活に関する意識調査

@Press / 2014年2月28日 13時30分

図1. 購入玩具の選択理由
 ジーエフケー・ライフスタイルトラッキング・ジャパン株式会社(所在地:東京都中野区、代表取締役社長:藤林 義晃)は、4歳から9歳の長子を持つ母親を対象に、子どものライフスタイルや玩具の購買行動、キャラクター玩具/グッズへの意識、デジタル機器との関わり方などに関するインターネット調査を実施した。その調査結果から、玩具購入時の行動、デジタル機器の利用状況について発表した。


【概要】
・購入玩具を選んだ理由としては、「好きなキャラクターのおもちゃだから」が半数を占める。
男児では「同じシリーズのおもちゃを集めている」、女児では「友達が持っている/一緒に遊びたい」も多い。
・実店舗での玩具購入者の約6割は、購入店舗のみの訪問。
・子どもがほぼ毎日デジタル機器を利用している家庭は約3割。


【購入玩具の選択理由のトップは“好きなキャラクター”】
 玩具の購入経験について調査を行った。玩具の購入に際しては、「子ども本人」が購入する玩具の最終決定者になっている割合が多く、7割強を占めた。また、母親が玩具購入時に参考にする情報としても、「実際の商品」や「インターネットショッピングサイト」などを上回って「子どもの話」が最も多く挙げられており、子ども主体でおもちゃ選びが進められている様子がうかがえた。
 子ども本人が購入玩具の最終決定者である場合に、その玩具を選んだ理由について子ども本人の意見を聞いた。その結果、半数強の子どもが「好きなキャラクターのおもちゃだから」を挙げ、“キャラクター”が玩具を選ぶ重要な基準となっていることがわかった(図1)。この傾向は特に低年齢の子どもにおいて顕著であり、4歳児における回答率は約7割に上った。男児では「同じシリーズのおもちゃを集めているから」が多く挙げられた一方、女児では「友だちが持っているから」「友だちと一緒に遊びたいから」という回答が多く、性別による違いも見られた。

図1:購入玩具の選択理由
http://www.atpress.ne.jp/releases/43770/img_43770_1.gif


【実店舗購入者の約6割は購入店舗のみの訪問だが、インターネットサイト購入者は様々な店舗で情報収集】
 玩具購入時の購入場所は、「おもちゃ専門店」が30%で最も多く、次いで「インターネットサイト」、「スーパー」、「家電量販店」と続いた。特に「家電量販店」については、男児における購入割合が高かった。
 これらの回答者に対して、購入店舗以外で訪問した店舗・サイトがあったか訊いたところ、実店舗購入者は6割近くが「購入したお店しか訪れていない」と回答したのに対し、インターネットサイト購入者ではその割合は3割強にとどまった。インターネットサイト購入者は実店舗も含めて様々な店舗を訪れており、情報収集のアンテナを広げている様子が伺える結果となった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング