小学館の幼児向け通信添削学習「ぷちドラゼミ」×小学館の幼児誌「ベビーブック」「めばえ」「幼稚園」 4月号より、可愛いドラえもんのイラストで楽しく学べる「“ドラえもんとやってみよう!”ぷちドラゼミ 親子ワーク」を展開!

@Press / 2014年3月4日 10時0分

「ベビーブック」誌面
小学館の通信添削学習「ドラゼミ」の幼児向けコース「ぷちドラゼミ」を運営する、株式会社小学館集英社プロダクション(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:紀伊 高明)は、小学館の幼児誌「ベビーブック」「めばえ」「幼稚園」の3誌との連合企画「“ドラえもんとやってみよう!”ぷちドラゼミ 親子ワーク」を各誌の2014年4月号(3月1日発売)より開始します。
「ベビーブック」では隔月、「めばえ」「幼稚園」では毎月、小学館の幼児向け通信添削学習「ぷちドラゼミ」のノウハウを生かした問題を掲載、ドラえもんのイラストが満載の可愛いワークで、楽しくお子さんの好奇心や学ぶ力を伸ばしていきます。


<小学館の幼児向け通信添削学習「ぷちドラゼミ」について>
http://www.shopro.co.jp/dora/about/yoji_material.html

<幼児誌「ベビーブック」について>
http://dakko.jp/babybook/
<幼児誌「めばえ」について>
http://dakko.jp/mebae/
<幼児誌「幼稚園」について>
http://dakko.jp/youchien/


【小学館の幼児向け通信添削学習 ぷちドラゼミとは】
『ドラゼミ』は創業以来90年の歴史を持つ出版社・小学館のノウハウを反映させた、通信教育学習(3歳~小学6年生対象)です。
『ぷちドラゼミ』は『ドラゼミ』の幼児向けコース。ドラえもんがたくさん登場する教材で、小学校入学に向けた学習準備として楽しく「もじ」「かず」「ちえ」を学びながら、「考える力」を育んでいきます。幼児向けコースから添削テストがあることも特長で、スタート当時、業界初であった個別担任制によって、一人ひとりのお子さんの理解度に合わせた、きめ細かな指導を可能としています。


◆「ベビーブック」では
 紙をちぎったり、ごっこ遊びをしたり、体験を通して学んでいく
 「ドラえもんとやってみよう!ぷちドラゼミ親子ワーク」を展開

ベビーブックでは、隔月で「ドラえもんとやってみよう!ぷちドラゼミ親子ワーク」を展開。親子でコミュニケーションを取りながらお子さんの知的好奇心を体験を通して育んでいきます。
4月号では色紙をちぎって「うどん」の麺や具を作る「うどんやさんごっこ」のワークに取り組みます。手先・指先を自分の意思で上手に使う練習や、ごっこ遊びを通して想像力も育んでいきます。
問題誌面はドラえもんのカラフルで可愛い切り絵タッチのイラストで描かれています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング