上野駅から徒歩3分、紫色のビル「多慶屋」の新コンセプトショップ、「多慶屋 SELECT 上野店」が4月25日にオープン

@Press / 2014年4月2日 11時0分

『多慶屋 SELECT 上野店』外観イメージ
“御徒町の紫色のビル”として知られる総合ディスカウントストア「多慶屋」(たけや)を展開する株式会社多慶屋(所在地:東京都台東区、代表取締役社長:海野 美津雄)は、新しいコンセプトの店舗『多慶屋 SELECT 上野店』を2014年4月25日にオープンいたします。
http://www.takeya.co.jp/


■新業態には“温故知新”が至る所に!
「多慶屋」は、1947年に開店。それ以来、建物の増設を繰り返しながら“御徒町の紫色のビル”として地域の人々を中心に長く愛されてきました。「多慶屋」が新たに展開する新業態『多慶屋 SELECT 上野店』は、創業67年の歴史の中で培われた、仕入れ力、接客力などのノウハウが随所に活かされた新しいコンセプトのセレクトショップです。
取り扱う商品は、酒、食品、化粧品・雑貨(最寄品)と、インポートブランド(買い回り品)という異色の構成。バラエティに富んだ商品ラインナップ、厳選された商品の展開、工夫を凝らした売り場構成により、「お買い物の楽しさ」や「発見」のある店舗づくりにこだわっています。

<“セレクト”の名の通り、厳選された良い品だけを詰め込んだ店内>
「多慶屋」本店で販売されている商品はおよそ20万品以上。『多慶屋 SELECT 上野店』では、その中から目利きのバイヤーによる選りすぐりの品、売場スタッフが見つけたおススメできる品を取り扱います。既に多くの方に愛されている商品から、あまり目にしたことのない商品まで、手に取るモノ一つ一つがお客様を喜ばせるような、買い物体験の価値を追求しています。
また、多慶屋がこれまで培ってきた約1200社にもわたるお取引先様とのパイプを活かし、本店では取り扱っていない新たな商品も投入。それだけに留まらず、各種展示会などで売場スタッフ自らが発掘した商品も多数展開いたします。これまでの「多慶屋」から厳選された商品と、全く新しい商品が融合した売り場は、新しい発見に溢れた買い物空間を創出しています。

<売り場には、歴史が培った「多慶屋」の“ノウハウ”が満載>
「多慶屋」では、売り場スタッフに正社員を多く配置。接客には67年の歴史で培われたノウハウが受け継がれており、確かな対応でお客様の要望にお応えします。
店内の商品は、多慶屋ならではのお買い得感はそのままに、「スタッフによる手書きPOP」、「化粧品売り場でのテスターの充実」等お客様の立場にたった商品の提案に注力し、魅力的で、見ていて楽しい商品陳列を行ってまいります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング