サイバー創研、「LTE技術ドキュメント検索ツール:3GPP RAN1編」を発売 ~3GPP技術文書(Tdoc)へのワンクリックアクセスを実現~

@Press / 2014年3月5日 11時30分

モバイル・ワイヤレスをはじめとした情報通信の総合的特許調査などを行う株式会社サイバー創研(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:木下 研作)は、LTEに関連する特許分析の補助ツールとしても使用できる、技術文書アクセスシステム「LTE技術ドキュメント検索ツール:3GPP RAN1編」を開発し、2014年版を4月1日より発売します。

「LTE技術ドキュメント検索ツール:3GPP RAN1編」は、LTEに関する標準化規格を策定している標準化団体3GPPの技術文書(Tdoc)へのワンクリックによる素早いアクセスを可能にしたもので、3GPPでの検討状況や検討履歴の把握を従来よりも格段に快適、容易に行えるツールです。
今回発売する製品は3GPPの技術研究グループ(TSG)の無線アクセスネットワークレイヤ1検討グループ(RAN1)のドキュメントに対応しており、LTEの検討が本格化した2006年1月RAN1 Adhoc会合から2013年11月にサンフランシスコで開催されたRAN1第75会合までに対応しています。価格はシングルライセンスで198,000円からとなっております。


【システム発売の背景】
<4万件にも上る3GPP技術文書>
LTEの標準化活動は3GPPで行われており、検討に際して、技術文書と呼ばれる、参加機関からの提出文書や議長、事務局からの議事録・連絡文書等を含み、各会合毎におよそ600件が寄せられます。ちなみに、2006年から2013年までの技術文書の総数はRAN1だけでも約4万件にも上ります。
3GPPの運営は基本的にオープンなものであり、これらの技術文書(Tdoc)はネット上に全て公開されており、誰でもアクセス可能です。しかし、4万件に上るこれらの文書から目的の技術文書を探し出して閲覧するためには、以下の様な手順を技術文書1件ごとに踏む必要があり、決して容易ではありません。

<3GPP技術文書の閲覧の煩雑で面倒な手順>
(1) 閲覧したいドキュメントの提出年を知る
(2) その年度の文書目録(Index List)のzipファイルを3GPPのWebサイトからダウンロードする
(3) 文書目録で所望の技術文書が提出された会合名と文書番号を知る
(4) 閲覧したい文書が提出された会合のサイトにアクセスし、そのサイトの中で閲覧したい文書の番号により、ダウンロードしたいzipファイルを見つけ出す
(5) 前項までの手順で見つけたzipファイルを自分のPCへダウンロードする
(6) PC上でzip解凍を行い、解凍されたファイル(※)を所望の場所に保存する
(7) 保存されたファイルを開く

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング