~日本インフォメーション株式会社 40周年キャンペーン 第一弾~App Storeで販売中のiPad・iPhone用有償アプリを期間限定無償提供

@Press / 2014年3月5日 9時30分

eDocReader
日本インフォメーション株式会社(本社:名古屋市千種区今池、代表取締役社長:加藤 和親)は、2014年3月11日に創立40周年を迎えます。40周年記念キャンペーン第一弾としてApp Storeで販売中の有償アプリを3月末までの期間限定で無償提供します。(一部を除く)


1.EBooklet2 Pro(通常700円)、EBooklet2(アプリ内課金:通常700円)→無償
EBookllet2 ProはiPad・iPhoneで利用可能なプレゼンツールです。フリー版のEBooklet2に通信機能を追加し、複数端末で同一画面を表示することが可能なため、対面での打ち合わせやプレゼンで利用できます。また、録音機能・再生機能も搭載されているため、打合せ時の議事録やデジタルサイネージでの音声案内などで活用できます。


2.SmartTRX(アプリ内課金:通常200円)→無償
iPod touch・iPadなど通話機能のない端末を使い、同一LAN内での通話が可能です。また、ブラウザ画面を搭載しているため、社内のWebシステムを使用しながらハンズフリー通話にも対応しており、カルテを見ながら通話したり、LAN上にある離れた端末をリモートマイクとして利用したりと活用方法はアイデア次第で無限に広がります。


3.AC Flip Pro(通常700円)、AC Flip(アプリ内課金:通常700円)→無償
写真やPDFなどの資料に付箋を貼り、話の内容にあわせて自由に付箋を剥す。テレビ番組でお馴染みの○○メソッドをiPadで実現します。他社のアプリでも同様にアニメーションを行うことは可能ですがAC Flipでは付箋をめくる順番を事前に設定する必要はありません。話の内容に合わせて、生徒の反応を見ながらめくる付箋を選択できるため、自然な流れで授業やプレゼンを行うことが可能です。また、複数端末間で付箋めくりの同期もできるため、プロジェクター用に端末を用意しておくことで、部屋の何処にいても説明操作が可能です。


4.FieldReport Pro(通常1,000円)、FieldReport(アプリ内課金:通常1,000円)→無償
FieldReportはiPadを使用した現場帳票入力ツールです。入力したデータは入力イメージそのままのPDFや項目別のCSVで取り出すことができます。iPad上に帳票イメージを表示し、その上に直接、入力エリアや写真エリア、動画再生ボタンなどを配置することで「テンプレート」を作成します。現場ではテンプレートの指示に従い、データの入力・選択や写真撮影を行います。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング