排水循環水のコスト削減『アクアブラスターシステム』の提供開始

@Press / 2014年3月5日 11時0分

処理前・処理後
株式会社共生エアテクノ(本社:東京都中央区、代表取締役:松林 宏治)は、工場の排水・循環水・廃液・終末処理施設・スラッジ処理などの経費を大幅に削減する特殊エアレーション装置『アクアブラスターシステム』について、2014年3月1日からサービスの提供を開始いたします。

「工場の排水・循環水のコストダウン」
http://www.201110.gr.jp/paintline_costcut.html


【提供の背景】
現在、塗装工場を始め各種工場では非生産性経費を極力削減したいという重要性が問われておりますが、効率の良い処理システムが確立されていないため、カス池や貯留槽、スラッジ処理などは大きな施設を作っておく、というような設計になっていました。また、水の腐敗臭が発生し近隣苦情や施設内環境悪化という課題が存在しております。
今回、当社では、株式会社アイエンスと提携し、蓄積されたノウハウをもとに不要な排水循環水処理経費の削減を直行率と稼働率において解決し、腐敗臭の脱臭も可能となる『アクアブラスターシステム』のサービスを開始いたしました。


【『アクアブラスターシステム』のサービス概要】
<特長>
従来の散気管では水槽内の攪拌が不十分でしたが、『アクアブラスターシステム』は高い酸素溶解効率と強力な対流撹拌力を発揮するエアレーション散気装置であるため、水槽の底部に汚泥が堆積しにくく、微細気泡が水槽全体に行き渡りますので、排水処理・汚水処理の溶存酸素不足・循環不足の問題を解決し、大幅なコストダウンを実現します。
一方、環境問題ではカス池の腐敗臭が近隣苦情となったり、工場内に漂い作業環境を悪化させているという課題を抱えていました。この度提供する『アクアブラスターシステム』は、微生物に好気呼吸の代謝を行わせることが十分にできますので悪臭を大幅に抑制することができます。
また、単純な装置なので既設の工場にも簡単に導入可能。新設の工場では設計段階から最適の施設をご提供できます。

<価格(税別)>
アクアブラスター AS-250: 80,000円
アクアブラスター AL-750:160,000円
スラッジイーター 単品 :100,000円
(ユニット・配管・施工などは別途お見積もりいたします)

<詳細・申込>
コストダウンページ
http://www.201110.gr.jp/paintline_costcut.html

アクアブラスター
http://www.201110.gr.jp/water_purification/aquablaster.html

スラッジイーター
http://www.201110.gr.jp/water_purification/sludgeeater.html

お問い合わせページ
https://www.201110.gr.jp/inquiry.html


■会社概要
商号  : 株式会社共生エアテクノ
代表者 : 代表取締役 松林 宏治
所在地 : 〒103-0024 東京都中央区日本橋小舟町11-13 日本橋NYビル
設立  : 2003年10月
事業内容: 脱臭装置の設計施工、業務用消臭剤、排水循環水浄化装置
      脱臭工事、臭気調査
資本金 : 600万円
URL   : http://www.201110.gr.jp/


【本サービスに関するお客様からのお問い合わせ先】
株式会社共生エアテクノ
Tel:03-6661-1330

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

設置事例『アクアブラスター』本体

@Press

トピックスRSS

ランキング