『魔女の宅急便』番外編「ソノちゃんがおソノさんになったわけ」 無料WEBマガジン「Web福音館」にて連載スタート!

@Press / 2014年3月6日 10時30分

魔女の宅急便 番外編 WEB福音館サイト ヘッド画像
 3月1日(土)に小芝風花主演の実写映画が公開となった『魔女の宅急便』に新たなニュースです。著者の角野栄子さんが温めてきた『魔女の宅急便』番外編「ソノちゃんがおソノさんになったわけ」の連載が、3月5日(水)より福音館書店の無料WEBマガジン「Web福音館」で始まりました。

<魔女の宅急便 番外編>「ソノちゃんがおソノさんになったわけ」
http://www.webfukuinkan.com/


 コリコの町にやってきたキキを最初にうけいれ、大きな心の支えとなってくれる「グーチョキパン屋」のおソノさん。きっぷがよくて優しくてしっかり者。そんな彼女の成長の物語がこの番外編では描かれます。俳優志望だったおソノさんの両親のこと、おソノさんの初恋……。おソノさんのご主人、フクオさんとの出会い別れ、そして再会。少女だったソノちゃんが、おソノさんというひとりの女性に成長していきます。「2つの道が1つになる」そんなフレーズがとても印象的な物語を、Web福音館でお楽しみ頂けます。


連載 全6回:毎月2回 *下記の日程でお届けします。
      3月5日、3月20日、4月5日、4月20日、5月5日、5月20日


◆『魔女の宅急便』について◆
 13歳の満月の夜、赤いラジオと相棒の黒猫ジジを連れてひとり立ちの旅に出た魔女の女の子キキ。ようやくたどり着いたコリコの町で、はじめた仕事は空飛ぶ「宅急便やさん」。人々の思いや願いをのせたさまざまな荷物を届けながら、ひとりの女の子が成長していく物語です。全6巻で完結。最終巻ではキキが双子の子どもの母となり、子どもたちの旅立ちを見守ります。
http://www.fukuinkan.co.jp/ninkimono/majo/lineup.html

 作品は1985年の刊行後、スタジオジブリによるアニメ(1989年 宮崎駿監督)、ミュージカル(1993年 蜷川幸雄演出)、そして今回の実写映画(2014年 清水崇監督)として発表され、子どもから大人まで大人気の作品となっています。

魔女の宅急便についての詳しい情報は下記をご覧下さい。
http://www.fukuinkan.co.jp/ninkimono/majo/index.html


1 魔女の宅急便 番外編 Web福音館サイト ヘッド画像
http://www.atpress.ne.jp/releases/43930/img_43930_1.jpg

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング